ケルクリング皺襞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ケルクリング皺襞(ケルクリングしゅうへき、Kerckring's fold)とは、小腸の内壁を構成する輪状の襞(ひだ)。ケルクリング襞(ケルクリングひだ)、輪状襞(りんじょうひだ)とも呼ばれる。襞の表面には無数の絨毛が存在する。

関連[編集]