ケリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケリ
水田でドジョウを捕獲したケリ
水田でドジョウを捕獲したケリ
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: チドリ目 Charadriiformes
亜目 : チドリ亜目 Charadrii
: チドリ科 Charadriidae
: タゲリ属 Vanellus
: ケリ V. cinereus
学名
Vanellus cinereus
(Blyh, 1842)[2]
和名
ケリ(鳧、計里、水札)
英名
Grey-headed lapwing

ケリ(鳧、計里、水札、学名:Vanellus cinereus)は、チドリ目チドリ科タゲリ属に分類される鳥類の一種。

分布[編集]

モンゴル中国北東部、日本繁殖する。冬には東南アジア、中国南部などに渡るものもいる。日本においては留鳥として、かつては主に東北地方に分布していたが、近年[いつ?]は分布が拡大し、現在[いつ?]では中部地方関西地方を中心とした近畿以北の本州に分布する。最近[いつ?]になって中国地方北部九州など西日本でも繁殖が確認され始めた。

形態[編集]

全長約34 cm。雌雄同色。くちばしは短く、黄色で先端が黒い。足は長くて黄色。目は赤橙色で黄色のアイリングがある。また。嘴の付け根には黄色い肉垂がある。雌雄同色[3]。 翼の小翼羽付近には爪があり、爪の大きさや色から雌雄の見当をつけることができる。成鳥の夏羽は頭部から胸上部が灰青色で、体上面は灰褐色で、体下面は白い。胸上部と体下面の境目には黒い胸帯がある。は先の方が黒く、基半部は白色と灰褐色で、飛ぶときこれらのコントラストが目立つ。尾は白色で黒い帯が入る。冬羽は頭部からの灰青色がやや褐色を帯びている。雛は淡褐色の綿羽に覆われている。若鳥は頭部からの胸部にかけて灰色でやや褐色を帯びる。胸帯は薄い。また目は褐色で、アイリング・肉垂とも小さく目立たない。

生態[編集]

水田河原干潟草原などに生息する。

食性は主に動物食で、昆虫類ミミズカエルなどを捕食する。稀に穀類も食べる。

繁殖期は3月から7月。抱卵は3月初旬から中旬に始まり、抱卵・ヒナ養育それぞれ約1ヶ月ほどかかる。クラッチサイズは4卵で、時には3卵、稀に1卵-5卵が確認される。巣は水田内や畦などの地面に藁を敷き作る。よって農作業による影響が著しく大きい。繁殖期中は時にテリトリーを変えるなどして最大3回営巣を試みる。非常に警戒心が強く、テリトリーにトビカラス、人間などの外敵が近付くと、鳴きながら激しく威嚇し、追い払う。その為、夜でも鳴き声が聞こえてくる場合がある。

非繁殖期には小群で行動する。

甲高い声で鳴き、「キリッ、キリッ」、「ケリッ」、「ケケッ」というふうに聞こえる。この鳴き声からケリという名がついたといわれる[4]

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類
チドリ亜目 Charadrii
チドリ下目 Charadriides
チドリ小目 Charadriida
チドリ上科 Charadrioidea
チドリ亜科 Charadriinae

類縁種[編集]

種の保全状況評価[編集]

国際自然保護連合(IUCN)により、軽度懸念(LC)の指定を受けている[1]

日本の以下の都道府県で、以下のレッドリストの指定を受けている[5]。2007年8月現在、環境省のレッドリストの指定はない[6]

ことば[編集]

  • 「けりをつける」、「けりがつく」の“けり”は助動詞の“けり”から来た語だが、「鳧」の字を宛てることがある。「鳧を付ける」

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b IUCN 2011. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2011.2. (Vanellus cinereus)” (英語). IUCN. 2012年1月1日閲覧。
  2. ^ Vanellus cinereus (Blyh, 1842)” (英語). ITIS. 2012年4月1日閲覧。
  3. ^ ひと目でわかる野鳥 (2010)、92頁
  4. ^ 野鳥の名前 (2008)、144-145頁
  5. ^ 日本のレッドデータ検索システム(ケリ)”. エンビジョン環境保全事務局. 2012年1月1日閲覧。
  6. ^ 植物絶滅危惧種情報検索”. 生物多様性情報システム (2007年8月3日). 2012年1月1日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]