ケラエノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケラエノ / おうし座16番星
M45map.jpg
ケラエノは、プレアデス星団の右側に位置する。
データ
元期 J2000      Equinox J2000
星座 おうし座
赤経 03h 44m 48.2154s[1]
赤緯 +24° 17′ 22.093″[1]
視等級 (V) +5.448
特徴
スペクトル分類 B7IV
U-B 色指数 –0.33[2]
B-V 色指数 –0.046[2]
アストロメトリー
視線速度 (Rv) +2.9[3] km/s
固有運動 (μ) 赤経: 20.73[1] ミリ秒/
赤緯: –44.00[1] ミリ秒/
年周視差 (π) 7.53 ± 1.23[4] ミリ秒
距離 approx. 430 光年
(approx. 130 パーセク)
詳細
半径 4.4[5] R
表面重力 (log g) 3.9[6]
表面温度 12,800[6] K
自転速度 (v sin i) 185[7] km/
他の名称
16 Tauri, HR 1140, HD 23288, BD+23 505, HIP 17489, SAO 76126, GC 4475.[8]

ケラエノは、おうし座の恒星で、プレアデス星団に含まれる。ケラエノは、アルフレッド・オースチンの詩から、Lost Pleiadと呼ばれることがある[9]。プレアデス星団で最も明るい恒星アトラスからわずか5分の位置にあるため、見分けるには良い環境で目が良い必要がある。そのため、裸眼ではプレアデス星団に6個か7個の星が見えることになる[10]

ケラエノは青白いB型巨星で、視等級は+5.45である。地球からはプレアデス星団とほぼ同じく約430光年離れている[4]星間減光はかなり小さく、0.05等級である[11]。推定される赤道付近の自転周期は185 km/sである[7]。半径は太陽の4倍以上で、表面温度は12800Kである[5][6]


プレアデス星団の構成

出典[編集]

  1. ^ a b c d Perryman, M. A. C. et al (1997). “The Hipparcos Catalogue”. Astronomy and Astrophysics 323: L49–L52. Bibcode 1997A&A...323L..49P. 
  2. ^ a b Johnson, H. L.; Morgan, W. W. (1953). “Fundamental stellar photometry for standards of spectral type on the revised system of the Yerkes spectral atlas”. Astrophysical Journal 117: 313–352. doi:10.1086/145697. http://adsabs.harvard.edu/abs/1953ApJ...117..313J 2007年11月5日閲覧。. 
  3. ^ Wilson, Ralph Elmer (1953). General catalogue of stellar radial velocities. Carnegie Institution of Washington. http://adsabs.harvard.edu/abs/1953QB901.W495..... 2007年5月14日閲覧。. 
  4. ^ a b Makarov, Valeri V. (December 2002). “Computing the Parallax of the Pleiades from the Hipparcos Intermediate Astrometry Data: An Alternative Approach”. The Astronomical Journal 124 (6): 3299–3304. doi:10.1086/344683. 
  5. ^ a b Pasinetti-Fracassini, L. E.; Pastori, L.; Covino, S.; Pozzi, A. (2000年11月). “Catalogue of Stellar Diameters (CADARS) (Pasinetti-Fracassini+ 2001)”. VizieR On-line Data Catalog: II/224. 2009年10月10日閲覧。
  6. ^ a b c Wolff, Sidney C. (December 1990). “Luminosities, masses, and ages of B-type stars”. Astronomical Journal 100. doi:10.1086/115654. 
  7. ^ a b Abt, Helmut A.; Levato, Hugo; Grosso, Monica (July 11–17, 2002). “Rotational velocities of B stars”. In K. S. Cheng, K. C. Leung, T. P. Li. Proceedings, Stellar astrophysics - a tribute to Helmut A. Abt. Sixth Pacific Rim Conference. Xi'an, China: Kluwer Academic Publishers. pp. 165–172. ISBN 1-4020-1683-2  Vizier table J/ApJ/573/359.
  8. ^ Celeno”. SIMBAD. Centre de Données astronomiques de Strasbourg. 2009年10月10日閲覧。
  9. ^ Allen, Richard Hinckley (1899). Star-names and their meanings. G. E. Stechert. p. 407. http://books.google.com/books?id=5xQuAAAAIAAJ 2009年10月10日閲覧。. 
  10. ^ 2007, Fred. The 50 best sights in astronomy and how to see them: observing eclipses, bright comets, meteor showers, and other celestial wonders. John Wiley and Sons. p. 141. ISBN 0471696579. 
  11. ^ Breger, M. (August 1984). “The Pleiades cluster. I - Polarization and reddening of the brighter stars”. Astronomy and Astrophysics 137 (1): 145–148. Bibcode 1984A&A...137..145B.