ケブネカイセ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケブネカイセ
ケブネカイセ
標高 2,103 m
所在地 スウェーデン
位置 北緯67度53分 東経18度33分
山系 スカンディナヴィアの山系
初登頂 1883年
チャールズ・ラボト
テンプレートを表示

ケブネカイセ (Kebnekaise) は、スカンディナヴィア山脈北部にあるスウェーデン最高峰。標高2103m。正確には、南頂(sydtoppen)と北頂(nordtoppen)のうちの南頂の方が最高峰である。北ラップランド(プロヴィンス、スウェーデン語ではlandskap)、キルナ市に位置する。

ケブネカイセへのアクセスルートは2通りあり、アビスコ(Abisko)からクングスレーデン(kungsleden)を南下しシンギ(Singi)からやや東寄りに向かってケブネカイセ山ホテル(Kebnekaise Fjällstation、Svenska Turistföreningen[1]、通称STF)に至るものと、ニッカルオクタ(Nikkaluokta)からラッチョ谷(Ladtjovagge)を経てケブネカイセ山ホテルに至るものである。

ケブネカイセへの登山氷河登氷は、STFがガイド付ツアーで企画しているものがあるので、初心者にはそちらをおすすめする。

なお、Kebnekaiseは、北サーメ語Giebmegáisiから来ているが、この北サーメ語の元々の意味は「シチュー鍋型の頂上」を意味し、スウェーデン人測量技師とサーメ人とのミスコミュニケーションで、現在はTuolpagorni[2]またはTolpagorniと称されている山が本来のGiebmegáisiであったとされる。