ケビン・ヘイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Kevin Hays
基本情報
出生 1968年5月1日(45歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州
ジャンル ジャズ
職業 ジャズ・ピアニスト
担当楽器 ピアノ
公式サイト [1]

{{{Influences}}}

ケビン・ヘイズ(Kevin Hays、1968年5月1日 - )は、ジャズピアニストコネチカット グリニッジに育ち、Kevin Hays TrioBill Stewart Trioのメンバーとして知られる。

多くの一流のジャズ・アーティストとの数々のレコーディングに出演しており、10のCDではリーダー・パート、そのうちの3つは ブルーノート・レコードソニー・ロリンズベニー・ゴルソンロン・カーターパット・メセニージョー・ヘンダーソンロイ・ヘインズジョン・スコフィールドドナルド・ハリソンクリス・ポッターAl Fosterバスター・ウィリアムスアート・ファーマー、 et al らと共演している。

彼は8歳からピアノを習い始め、15歳までプロとして演奏し、その2年後いつしかバリトン・サキソフォン奏者 en:Nick Brignola と共に演奏するようになっていた。 マンハッタン音楽学校 にて一年学び、その技術を完全なものとした後、The Harper Brothers、 ベニー・ゴルソンジョー・ヘンダーソン、 Eddie Gomez らを含む様々なバンドと共に アメリカ、日本、ヨーロッパを旅しながら演奏活動を行った。

1994年 ブルーノートと契約して、3つのレコーディングをリリースし、高い評価を得ている。彼の Seventh Sense (1994) は ニューヨーク・タイムズにて賞賛され、ミュージシャン・マガジン (Musician Magazine) にて "トップ40 ジャズ・リリーズ・オブ・ザ・イヤー" (Top 40 Jazz Releases of the Year) として認められた。また、ロン・カータージャック・ディジョネットと共演した “Andalucia” (1997) は DownBeat Magazine にて四ッ星を獲得している。

1995年 ソニー・ロリンズ はケビン・ヘイズを彼のグループに誘い、1年半後、ギタリスト、ジョン・スコフィールド はヘイズを“静か”(Quiet) で有名な彼のバンドのツアーに加えた。

ケビン・ヘイズはソロ・コンサート、また、若き有名な海外のジャズ奏者、Seamus Blake (テナー・サックス)、 Larry Grenadier (コントラバス)、Bill Stewart (ドラムセット)をメンバーとする The Sangha Quartet の1人として、世界手中で演奏活動を続けており、このカルテットにて録音した Fear of Roaming では5曲の作曲と1曲の編曲を手がけている。

彼自身のトリオであるケビン・ヘイズ・トリオ (the Kevin Hays Trio) (最新のリリースは For Heaven's Sake, JazzEyes) の永遠のバス・プレイヤー Doug Weiss と Bill Stewart をドラムセットとして、 そのレコーディングでは彼の生まれながらの才能であるアレンジとハイレベルなピアノ技術の両方を披露している。


外部リンク[編集]