ケノレステス目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケノレステス目
Shrew opossum - Caenolestidae.png
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
亜綱 : 獣亜綱 Theria
下綱 : 後獣下綱 Metatheria
上目 : 有袋上目 Marsupialia
: ケノレステス目 Paucituberculata
学名
Paucituberculata
Ameghino, 1894

ケノレステス目(ケノレステスもく)は、哺乳類 後獣下綱のひとつ。

生態[編集]

ケノレステスには、長い鼻づらにたくさんの触毛が生えており、一見するとモグラのようであり、ネズミと似た尾は、身体とほぼ同じ長さである。 育児嚢はなく、4個の乳頭をもつとされる(チリケノレステスは5つとの説がある)。 生態は詳しくは知られていない。現生の後獣下綱(有袋類)の多くはオーストラリア大陸を中心に棲息するが、ケノレステス類はオポッサムなどと同様に南米大陸に棲息する。昆虫などを主な食物とする。

分類[編集]

1科3属7種