ケニア (軽巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HMS Kenya underway.jpg
艦歴
発注
起工 1938年6月18日
進水 1939年8月18日
就役 1940年9月27日
退役
その後 1962年10月29日にスクラップとして売却
除籍
性能諸元
排水量 満載 10,450トン
全長 169.3 m (555.5 ft)
全幅 18.9 m (62 ft)
吃水 5.0 m (16.5 ft)
機関 アドミラリティ式重油専焼水管缶 4基
パーソンズ式ギアード・タービン 4基
4軸推進、(72,500 shp)
最大速力 33ノット(61 km/h)
航続距離 6,520海里/13ノット
乗員 730名
兵装 Mark XXIII 6インチ3連装砲 4基
Mark XVI 4インチ連装砲 4基
2ポンド4連装ポムポム砲 3基
ボフォース 40mm連装機関砲 4基
エリコン20mm連装機関砲 6基
Mark IX 21インチ3連装魚雷発射管 2基
搭載機
(後に撤去)
スーパーマリン ウォーラス2機

ケニア (HMS Kenya, C14) は、イギリス海軍フィジー級軽巡洋艦である。艦名は当時イギリス領であったケニアに由来する。


艦歴[編集]

ペデスタル作戦時に空爆を受けるケニア(1942年)

起工は1938年6月18日。進水は1939年8月18日で、1940年9月27日に竣工した。

1941年5月、ドイツ戦艦ビスマルクの追撃戦に参加、それからケニアはアーチェリー作戦ハルバード作戦ハープーン作戦ペデスタル作戦に参加した。ペデスタル作戦に参加中、1942年7月12日にイタリア潜水艦アラジ(Alagi)に雷撃され損傷した。1942年12月に戦列に復帰し、1944年に東洋艦隊の第4巡洋艦戦隊に編入されるまで本国艦隊に所属していた。1945年はアラカン上陸支援などをおこなった。

第二次世界大戦後は、修理をおこなった後西インド諸島の第8巡洋艦戦隊に編入され1947年まで所属していた。一旦予備艦となったが朝鮮戦争の勃発で再就役した。1962年に売却されスクラップとなった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]