ケトテリウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケトテリウム属 Cetotherium
地質時代
中新世前期 - 鮮新世後期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 鯨偶蹄目 Cetartiodactyla
階級なし : クジラ目 Cetacea
亜目 : ヒゲクジラ亜目 Mysticeti
上科 : ナガスクジラ上科
: ケトテリウム科 Cetotheriidae
: ケトテリウム属 Cetotherium
学名
Cetotherium Brandt, 1843
[1]
  • C. ambiguum
  • C. capellinii
  • C. crassangulum
  • C. furlongi
  • C. incertum
  • C. klinderi
  • C. maicopicum
  • C. mayeri
  • C. parvum
  • C. priscum
  • C. pusillum
  • C. rathkii

ケトテリウム (Cetotherium) は新生代中新世前期 - 鮮新世後期にかけて生息したヒゲクジラ絶滅した鯨偶蹄目 - ヒゲクジラ亜目 - ケトテリウム科に属する。このケトテリウム科はナガスクジラ科の祖先を含むとされる。北アメリカヨーロッパアジアの海に生息した[2]

形態[編集]

体長約4mと小型のクジラである。現生のコククジラあるいはナガスクジラの小型版といった姿であったと推定される。部の骨は平坦であり、下面に鯨ひげに養分を運ぶ血管の孔が並ぶ[2]。このヒゲはかなり短く荒かったとされ、おそらくはオキアミプランクトンあるいは小型の魚などを濾しとり、食料としていたと推定されている。頭骨は対象形で噴気孔は二つであったとされる。[3]また、上顎を形成する骨が後方へくさび上に伸長するのが独特な形態である。このクジラの属するケトテリウム科は雑多な系統の寄せ集めであったが、現在この特徴を共有するクジラのみをケトテリウム科とし、単系統の分類群となる様再構成が行われつつある。[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ The Paleobiology Database Cetotherium
  2. ^ a b 『絶滅哺乳類図鑑』 123頁
  3. ^ 『恐竜博物図鑑』 185頁
  4. ^ 『鯨類学』 40 - 41頁

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]