ケツルアズキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケツルアズキ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: マメ目 Fabales
: マメ科 Fabaceae
: ササゲ属 Vigna
亜属 : アズキ亜属 Ceratotropis
: ケツルアズキ V. mungo
学名
Vigna mungo (L.) Hepper
和名
ケツルアズキ
英名
black gram

ケツルアズキ(毛蔓小豆、英:black gram、vigna mungo、別名:黒緑豆[1]、ブラックマッペ)はマメ科ササゲ属アズキ亜属に所属する、つる性草本。 日本では主に『もやし豆』として知られている。

耐乾性が強く、黒色~黄緑色の種子を付ける。インドからバングラデシュパキスタンミャンマーにかけて分布する、野生種(リョクトウ(緑豆)と共通祖先)から栽培化されたと考えられている[2]

インドでは古来より保存食(乾燥豆)として一般的で、煮たり煎ったり、あるいは粉に挽いて用いられる。また、未熟な莢はサヤインゲンの様に野菜として利用される。

2R,5R-ビス(ジヒドロキシメチル)-3R,4R-ジヒドロキシピロリジンを含むマメ科植物には、血糖値を抑制する効果のあるα-グルコシダーゼ阻害作用を有するものがあり[3]アズキインゲンマメ、ケツルアズキ(コクリョクトウ)、リョクトウ、黒ダイズの順でその活性が高かった。エンドウ及びダイズではほとんどその活性を示さなかった[4]

乾燥したケツルアズキの種子

脚注[編集]

  1. ^ 黒緑豆(Vigna mungo)実生中のAntioxidant成分の検索、竹内若子ほか、名古屋女子大学紀要. 家政・自然編 41, 81-86, 1995-03-05
  2. ^ 『雑穀の自然史』p.131
  3. ^ 薬用食物の糖尿病予防成分 吉川雅之、化学と生物Vol.40 (2002) No.3 P172-178
  4. ^ 豆類ポリフェノールの抗酸化活性ならびにα-アミラーゼおよびα-グルコシダーゼ阻害活性、齋藤優介ほか、日本食品科学工学会誌、Vol.54(2007) No.12

参考文献[編集]

山口裕文・川瀬眞琴編著 『雑穀の自然史:その起源と文化を求めて』 北海道大学出版会、2003年、ISBN 4-8329-8051-3

外部リンク[編集]