ケイン・ザ・バンパイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケイン・ザ・バンパイア
ジャンル アクションロールプレイングゲーム
対応機種 プレイステーション
PC
開発元 シリコンナイツ
発売元 クリスタル・ダイナミックス
BMG Interactive(日本版)
人数 1人
メディア CD-ROM
発売日 1997年5月30日(日本版PS)
テンプレートを表示

ケイン・ザ・バンパイア』(海外ではブラッド・オーメン レガシー・オブ・ケイン(Blood Omen Legacy of Kain))は、カナダシリコンナイツが開発したコンピュータゲームである。

このゲームは北米で1996年11月プレイステーション用ゲームソフトとして、クリスタル・ダイナミックスから発売された。その翌年である1997年7月にはMicrosoft Windowsでも発売されていた。また、日本でもプレイステーション版が、1997年5月30日にBMG Interactiveからケイン・ザ・バンパイアと言う題名で発売された。

この作品は「レガシー・オブ・ケイン(Legacy of Kain)」シリーズの第1作目である。

あらすじ[編集]

主人公・ケインは、何者かの陰謀により殺害され吸血鬼として甦った。そして彼は殺戮を繰り返すなかで黒幕を暴き、吸血鬼の弱点を克服したり、新しい能力を身につけていく。

登場人物[編集]

ケイン
声:サイモン・テンプルマン/井上和彦
吸血鬼としてよみがえった男。生前は貴族だった。
ラジエル
かつてのサラファン教団の祭司兵。ケインにヴァンパイアとして転生されたが、後に殺され、エルダーゴッドに“魂を狩る者”として精神世界で蘇生された。
アリエル
声:アンナ・ガン/鈴木千春
美しく強大な魔女。この作品で殺されるが、幽霊としてたびたび現れる。
メビウス
声:リチャード・ドイル/田中冬星
ケインの宿敵。狂気に満ちた魔法使いで、ケインを執拗に狙う。
物語序盤では"Oracle of Nosgoth"という名前で登場していた。
なお、開発当初は"Bridenal"という名前で通っていた。

用語[編集]

魂を狩る者
エルダーゴッドの使い魔で、死者の魂を食べる。また、死体に乗り移るという形で精神世界と物質世界を行き来できる。
サラファン教団
メビウスによって築き上げられた対吸血鬼の為の教団。

評価[編集]

海外では、この作品における声優の演技・陰鬱な雰囲気・感動的なストーリーラインが評価された[1][2]

脚注[編集]

  1. ^ Blood Omen: Legacy of Kain Review”. Gamespot. 2008年11月26日閲覧。
  2. ^ Blood Omen: Legacy of Kain Review”. IGN. 2008年11月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]