ケイラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケイラ
Keila
—  町および地方自治体  —


紋章
ケイラの位置
ケイラ
国内での位置
座標: 北緯59度18分0秒 東経24度25分0秒 / 北緯59.30000度 東経24.41667度 / 59.30000; 24.41667
Flag of Estonia.svg エストニア
Flag of et-Harju maakond.svg ハリュ県
行政
 - 町長 タネル・ムイストゥス
面積
 - 計 11.25km2 (4.3mi2)
人口 (2009)
 - 計 9,873人
 - 人口密度 877.6人/km² (2,273人/mi²)
等時帯 EET (UTC+2)
 - 夏時間 EEST (UTC+3)
ウェブサイト www.keila.ee

ケイラエストニア語: Keila)は、エストニアの町。同国の北東部に位置し、正式には都市型自治体に類別される。

歴史[編集]

この地では紀元前2000年から3000年にかけてのヒトの痕跡が発見されている。その後、今から約1000年前にケイラ川に沿って街が建設された。1219年にドイツが北エストニアを征服すると、この地には教会が建てられた。当初は聖ミカエルをまつった小さな木造のものだったが、13世紀の終わりになって石造りの建物に改築された[1]。1241年にはデンマークの文献に初めてケイラの名が登場した[1]

15世紀から16世紀には、教会を中心に10の建物が建ち100人が住んでいた[1]。そのころ、リヴォニア騎士団がjõesaare教会(現 Jõepark教会)の南東に小さな砦を築いた。その砦は1976年に最初の発掘調査が行われ、2007年まで続いた[1]

1558年から83年のリヴォニア戦争で街は教会(1596年に再建)もろとも廃墟と化し[1][2]、さらに1601年から02年に発生した飢餓と疫病で街は教会だけの小さな村になった。この状態が3世紀も続き、人口が増加に転じたのは20世紀も後半のことだった。1862年には教会の近くにマルティン・ルターの像が建立されたが、1949年に破壊された。1867年には街で最初の学校がヴァリャオトサ農場に開校し[1] 、1870年にはタリン-パルディスキ間に鉄道が開通してケイラも発展し始めた[1]。1885年には近隣のクローガ村出身のKonstantin Türnpuによって初めて歌のコンテストが開催され、19の合唱団が歌を披露した。

1938年5月1日には正式に町になった。

軍事基地[編集]

ソビエト連邦時代、ケイラ近郊にはTankipolkという名の軍事基地があり、戦車や兵舎が置かれていた。基地はソ連軍がエストニアを去った数年後に取り壊され、跡地は住宅地になっている。基地の周りにあった森も現在では舗装路が走っている。多くの丘や3 - 7kmほどの小道があるため、冬季はスキーヤーでにぎわう。そのうち最も大きな丘はTankimägiとかTank Hillと呼ばれる。

教育[編集]

人口[編集]

2009年の国勢調査によると、ケイラの人口は9,873人である。

2000年の国勢調査では9,388人で、そのうちエストニア人が82.8%、ロシア人が12.1%、ウクライナ人が1.8%、フィンランド人が0.9%、ベラルーシ人が0.7%、リトアニア人が0.2%、ポーランド人、タタール人、ドイツ人、ラトビア人がそれぞれ0.1%だった。

姉妹都市[編集]

著名な住民[編集]

  • イェカテリーナ・ゴロヴァテンコ(1979年 - 、フィギュアスケート選手)
  • ウロ・ユギ(1921年 - 2007年、軍事史家)
  • ペアル・パウルス(1967年 - 、歌手・作曲家)
  • アゴ・シルデ(1963年 - 、政治家)
  • シーリ・シサク(歌手・政治家)
  • カルト・トミンガス(1967年 - 、歌手・俳優)
  • ペーター・ヴォルコンスキ(1954年 - 、俳優・ロックミュージシャン・作曲家)

脚注[編集]

外部リンク[編集]