ケイト・ミレット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1970年のケイト・ミレット

ケイト・ミレット(Kate Millett、本名はキャサリン・マレー・ミレット、1934年9月14日 - )は、アメリカ合衆国のフェミニスト作家で、芸術家、社会活動家。[1] フェミニズムの第二の波へ大きな影響を与えたミレットは、1970年彼女の著書『性の政治学』でよく知られている。

キャリア[編集]

ミレットは、1956年ミネソタ大学で文学士を取得している。その大学では彼女は、ソロニティカッパ・アルファ・シータの一員でもあった [2]。 彼女は、その後1958年オックスフォード大学のセント・ヒルダカレッジから英語の学部卒業証明をオナー付きで取得している。 彼女は、セント・ヒルダカレッジから第一級のオナー付きで大学院の学位を取得した初めてのアメリカ人女性でもある[1]。 ミレットは、1961年日本に移り、早稲田大学で英語の教鞭をとり、彫刻家としてのキャリアを目指した [2]。2年後、ミレットは、パートナーで彫刻家の吉村二三夫(よしむらふみお)とアメリカ合衆国に戻った。彼女は吉村と1965年に結婚している。 2人は、1985年に離婚している。彼女は1960年台後半から1970年代にかけてフェミニズムの政治活動で活発に活動した。 1966年には、全米女性会議(National Organization for Women)の理事会の一員になった。 『性の政治学』は、1970年ミレットの博士論文となり、同年彼女はコロンビア大学から博士号を授与された [2]。この本は、西側社会やその文学の中での家父長制への批判で、その矛先は、作家のD・H・ローレンスヘンリー・ミラー、そしてノーマン・メイラーの女性への性差別と同性愛に対する差別に向けられ彼らの見方を、同性愛の作家、ジャン・ジュネと対比させていた。 ミレットは、家父長制の起源を問題視し、性差に基づいた抑圧は、政治的であると同時に文化的なものであると主張し、伝統的な家族を解体していくことが、真の性の革命への鍵であると提唱した [3][4]。 1971年、ミレットは、ニューヨークのポキプシーにほど近いところでの原や建物を購入し、その修復を開始した。 このプロジェクトは、その後女性のアーティストや作家たちのアートコロニー「ツリーファーム」(木の農場)になっていった。このプロジェクトは、ミレットのシルクスクリーンやそこに居住するアーティストの手作りのクリスマスツリーなどで運営された。 2012年には、農場は5013c3という非営利団体になり、その名をミレット・アートセンター(the Millett Center for The Arts)に改称した [5]。 ミレットは、この組織の総責任者で、組織はアーティストのコロニーとして活動を続け、「あらゆる創造的な活動によって」女性たちに居場所を提供し続けている[5]。 1971年のミレットの映画、「3つの人生」は、16mmの記録映画で、全て女性のスタッフにより制作された。それに助監督のスーザン・クレックナー、カメラ担当のレオノーレ・ボーデ、そして編集のロビン・ミーデが女性解放映画の名のもとに結集している。 70mmの映画は、三人の女性、マロリー・ミレット・ジョーンズ (監督の姉)、化学者リリアン・シュレーヴ、そしてアーティストのロビン・ミーデに焦点を当て、彼女たちの人生を回顧させている。 彼女の本『Flying』(1974年)は、彼女の吉村二三夫との結婚について、他の助成との恋愛事件について語っている。 『Sita』(1977年)は、ミレットの10年年長だった女性の大学の管理職との絶望的な恋愛事件についての省察である。

1979年には、ミレットは、イランに飛んだ、そこでの女性の権利について書くためだったのだが、すぐに国外退去させられ、そのことについて『Going to Iran』に執筆している。 『The Loony-Bin Trip』(1990年)では、彼女は「双極性」と診断されて、精神療養施設に入院させられた経験について語っている。彼女は結局リチウム塩による治療を辞める決断をした。 彼女はセント・ポール病院で精神鑑定を受け、正常と判定された。大胆にも彼女の弁護士ともどもミネソタ州の州法の修正を迫った。 ミレットは、「オン・ザ・イッシュー」(en:On the Issues)誌への寄稿者でもあり、1988年の10月号ではメーレ・ホフマンによるこの雑誌のためのロングインタビュー[6]にも応じている。 ミレットは、反精神分析運動の活動家でもある。彼女は、2005年、障がい者の人権についての会議のやりとりの流れの中で、マインド・フリーダム・インターナショナルの代表としてアメリカ合衆国における精神的虐待について発言している。 1990年代の後半から2000年代初頭にかけて、彼女は、大規模な区画整理の一環としてバワリー通り295番地の彼女の家の立ち退きを迫るニューヨーク市当局との係争に巻き込まれた。ミレットとその他の人々は、徹底抗戦をしたが、結局敗れた。 彼らの家は撤去されて、別の場所に移された [7]。 2013年3月には、アメリカ合衆国の女性名誉殿堂(National Women's Hall of Fame)が、ミレットを2013年の殿堂入りのリストの中に加わったと発表した [8]。 殿堂入りのセレモニーは、2013年10月24日、ニューヨーク市のセネカフォールスにある女性の名誉殿堂の本部で行われることになっている [9]

私生活[編集]

ミレットは公然のバイセクシュアルだった[10]。彼女は、1970年コロンビア大学で性の解放についてのパネルディスカッションに出席した際に、徴集の中から一人の女性が彼女の主張に「どうしてあなたは、自分がレスビアンだとオープンに言えないの? あなたは、自分が過去にレスビアンだったと言ってるだけじゃないの。」と反論した時[11]、それに答えて、ミレットは自分がバイセクシュアルだと言っている[12]。 タイムマガジンのレポーターが、その会議を録音テープに記録し、1970年12月8日、その記事は、その他のものと合わせて、レスビアンと同様すべての解放論者を日常的に片付けてしまうような懐疑主義の考え方を喜ばせるだけ」というミレットの見解を添えて活字になった[13]。 彼女は、1965年から1985年まで吉村二三夫と結婚生活を営んだ。

論争[編集]

『The Basement: Meditations on a Human Sacrifice』(地下室:犠牲者についての省察)は、1965年ガートルード・バニシェフスキーによって10代の少女シルビア・リリケンが拷問され殺害された事件についてのミレットの半ばドキュメンタリー的な著作で、犯罪予防についての論争を引き起こした。 ミレットは、犯罪のフェミニズム的な解釈を主張した。[14]

シルビア・リリケンの殺害は、女性の抑圧の物語である。ガートルードは、少女に対する禍々しいが、実直な正義を行使しようとしたかったように思われる。

もっと一般的なところでは、社会学者のカミール・パーリアが、1992年にミレットの学識というのはトンデモナイまがい物だ。ミレットごときがちやほやされることで、「アメリカのフェミニズムは、株価を急落させた、と主張している。

著作[編集]

  • Sexual Politics (1970)(『性の政治学』自由国民社 1973年、ドメス出版 1985年)
  • The Prostitution Papers (1973)
  • Flying (1974)
  • Sita (1977)
  • The Basement (1979)
  • Going to Iran (1979)
  • The Loony-Bin Trip (1990)
  • Believe me, you don't want a picture of that! (1991)
  • The Politics of Cruelty (1994)
  • A.D.: A Memoir (1995)
  • Mother Millett (2001)(新水社 2008年) [15]

映画[編集]

  • Des fleurs pour Simone de Beauvoir (2007)
  • The Real Yoko Ono (2001) (TV)
  • "Bookmark" .... (1 episode, 1989)
    • Daughters of de Beauvoir (TV episode, 1989)
  • Not a Love Story: A Film About Pornography (1981)
  • Three Lives (1971, Producer)
  • Playboy: The Story of X (1998) (Archive Footage) [16]

出典[編集]

  • Lorna Sage The Cambridge Guide to Women's Literature in English, 1999, Cambridge

脚注[編集]

  1. ^ a b http://www.glbtq.com/literature/millett_k.html
  2. ^ a b c Kate Millett”. Encyclopaedia Britannica. 2013年3月15日閲覧。
  3. ^ Pattock, Mary (Winter 2012). “Sexual Politics”. Reach. http://cla.umn.edu/news/reach/winter2012.php?entry=380069 2013年3月15日閲覧。. 
  4. ^ Millett, Kate (1969). Sexual Politics. New York: Ballantine. pp. 31-81. 
  5. ^ a b History”. Millett Center for the Arts. 2013年3月15日閲覧。
  6. ^ article
  7. ^ [1] The Villager, Vol. 74, Number 15, August 11–17, 2004
  8. ^ Reinholz, Mary (2013年3月8日). “Kate Millett, ‘Pillar of the Movement,’ Inducted into Women’s Hall of Fame”. The Local: East Village. http://eastvillage.thelocal.nytimes.com/2013/03/08/kate-millett-pillar-of-the-movement-inducted-into-womens-hall-of-fame/ 2013年3月15日閲覧。 
  9. ^ Induction Weekend 2013”. National Women's Hall of Fame. 2013年3月15日閲覧。
  10. ^ http://www.glbtq.com/literature/millett_k.html
  11. ^ http://www.glbtq.com/literature/millett_k.html
  12. ^ http://www.glbtq.com/literature/millett_k.html
  13. ^ http://www.glbtq.com/literature/millett_k.html
  14. ^ Broeske, Pat H. "A Midwest Nightmare, Too Depraved to Ignore." New York Times. 14 January 2007.
  15. ^ reviewed by Martha Bridegam
  16. ^ imdb

外部リンク[編集]