グーテンベルク不連続面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
B : コア-マントル境界(グーテンベルク不連続面)

グーテンベルク不連続面(グーテンベルクふれんぞくめん、Gutenberg discontinuity)とは、地球マントル(外核)との境界である。深さは約2,900km。コア-マントル境界(core–mantle boundary、略してCMB)ともいう。

1926年アメリカ合衆国地震学者であるベノー・グーテンベルグは、地震の際に地球内部において地震波のうちP波の速度が遅くなり、またS波が伝わらなくなる部分があることを発見した。これは外核が液体状であることに因るものであり、この境界を発見者の名前に因んでグーテンベルク不連続面と呼ぶ。

関連項目[編集]