グンナー・ノルドシュトルム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グンナー・ノルドシュトルム

グンナー・ノルドシュトルム(Gunnar Nordström、1881年3月12日 - 1923年12月24日)は、フィンランド理論物理学者。

人物[編集]

一般相対性理論が提出された時代の物理学者で、重力理論などで知られる。ハンス・ライスナーが点電荷の場の方程式を解いたのを受けて、球対称の帯電体についての拡張した場の方程式を解いた。一般に「ライスナー=ノルドシュトルムの解」と呼ばれている。この条件の場によるブラックホールライスナー・ノルドシュトルム・ブラックホールと呼ばれる。

経歴[編集]

ヘルシンキ大学で学位を取った後、2年ほどオランダのライデン大学で学び、1918年にヘルシンキ大学に戻り教授となった。

1914年に、ノルドシュトルムは場の理論に次元を追加することによって、重力と電磁力を同時に記述した。これは後のカルツァ=クライン理論につながる最初の試みであった。

ライデン大学にいた時、ハンス・ライスナーが点電荷の場の方程式を解いたのを受けて、球対称の帯電体についての拡張した場の方程式を解いた。ライスナー=ノルドシュトルムの解と呼ばれる。

外部リンク[編集]