グローブ・カール・ギルバート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グローブ・カール・ギルバート
Grove Karl Gilbert
人物情報
生誕 1843年5月6日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州
死没 1918年5月1日(満74歳没)
出身校 ロチェスター大学
学問
研究分野 地質学
研究機関 アメリカ地質調査所
主な受賞歴 マーチソン・メダル(1900年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

グローブ・カール・ギルバート(Grove Karl Gilbert、1843年5月6日 - 1918年5月1日)はアメリカ合衆国地質学者である。

ニューヨーク州ロチェスターに生まれた。ロチェスター大学を卒業し、ジョージ・M・フォイラー (George Wheeler) の地理調査に加わり、1874年から1879年の間、ジョン・W・パウエル (John Wesley Powell) のロッキー山脈の調査隊に加わり、The Geology of the Henry Mountains(1877年)を発表した。1879年にアメリカ地質調査所が設立されると上級地質学研究員に任じられ、アメリカ地質調査所で働いた。

1890年に、更新世にはであったグレートソルト湖についての研究を発表し、その古代の湖をボンネヴィル湖 (Lake Bonneville) と命名した(この地域を探検したベンジャミン・ボンネヴィル (Benjamin Bonneville) に因む)。この地域にみられた地質学的な地形ギルバート型デルタ (Gilbert delta) として知られることになった。

1891年にアリゾナバリンジャー・クレーター(当時の名称は Coon Butte) の起源について、隕石起源ではなく、火山水蒸気爆発であると結論づけた。ギルバートは生成されたクレーターのリムの体積が少ないことや、磁気異常のないことから火山性クレーターであるとした。バリンジャー・クレーターは後に隕石衝突起源であることが証明された。一方で、ギルバートはのクレーターは隕石起源であることを早くから主張したひとりである。

1899年にはエドワード・ヘンリー・ハリマンが企画したアラスカ調査に参加した。

1900年にロンドン地質学会からマーチソン・メダルを受賞した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]