グロモボーイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

グロモボーイグロモボイロシア語: «Громобо́й»[注 1] )は、ロシアの著名な作家詩人による文学作品におけるキエフ・ルーシ時代の登場人物の名前である。また、それに基づいた作品の名前。

人名[編集]

  • V・A・リョーフシンロシア語版の代表作『ルーシの昔話(スカースカ) Русские сказки 』に収められている『ウラジーミル公に仕えたボガトィーリ、貴族ザオレシャーニンの物語 Повести о дворянине Заолешанине — богатыре, служившем князю Владимиру 』(1780年)では、主人公の父の名前。
  • G・P・カーメネフロシア語版の『グロモボーイ Громобой 』(1796年)では、主人公の名前。
  • V・A・ジュコーフスキイがそれらの作品を基にして創作した頌詩十二人の眠れる処女 Двенадцать спящих девъ 』を成す 2 篇の詩のうちのひとつ、『グロモボーイ Громобой 』では罪深い主人公の名前。

船名[編集]

ロシア帝国海軍では、以下のような艦船で船名として用いられた。

フリゲート[編集]

装甲巡洋艦[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]