グレート・ウェスタン鉄道アイアン・デューク型蒸気機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
解体を待つアイアン・デューク級蒸気機関車

アイアン・デューク型蒸気機関車は、グレート・ウェスタン鉄道の急行旅客列車で使用されていた蒸気機関車である。

歴史[編集]

1846年4月に試作機関車としてグレート・ウェスタンが製造された。製造当初の軸配置は2-2-2であったが、4-2-2に変更され、アイアン・デューク型機関車として営業運転を開始した。同型の機関車が1847年4月から1855年7月にかけ量産、営業運転についた。[1] アイアン・デューク型蒸気機関車は非常に速く、最高速度は毎時約80マイル(時速133km)であったと推測されている。アイアン・デューク型の牽引した急行列車「フライング・ダッチマン」は、当時世界最速の列車であった。1852年、ロンドンパディントン駅からエクセターまでの194マイルを平均毎時53マイル、ロンドンからスウィンドンまでの平坦な区間を平均毎時59マイルで走行した。[2]

1870年5月から7月にかけて、グレートブリテン、プロメテウス 、エスタッフェに、新しいフレームとボイラーを取り付けられた。その後、一般に ローバー型として親しまれた同性能の機関車が、1871年8月から1888年7月にかけて営業運転を開始した。

上記の3台の機関車を除いて、アイアン・ディーク型蒸気機関車は、1870年12月から1884年6月にかけて廃車となった。スウィンドン工場で保存されていたロード・オブ・ザ・アイルズも、1906年1月に解体された。上記の3台の機関車は、1880年9月から1887年10月にかけて廃車となった。1892年5月にはグレート・ウェスタン鉄道の広軌が廃止となり、ローバー級の機関車も廃車となった。(1890年12月に廃車となったリロンデールを除く)

アイアン・ディーク型、ローバー型蒸気機関車のネームプレートの多くが国立鉄道博物館あるいはスウィンドン蒸気機関車博物館で観る事ができる。また、 ロード・オブ・ザ・アイルズの動輪もスウィンドン鉄道博物館で観る事が出来る。

機関車[編集]

グレートウェスタン(軸配列2-2-2)[編集]

グレートウェスタン
動力方式 蒸気機関
設計者 ダニエル・グーチ
製造所 グレート・ウェスタン鉄道
軸配置(ホワイト式) 2-2-2
軌間 7 ft 0.25 in (2.140 m)
先輪 4 ft 6 in (1.37 m)
動輪 8 ft 0 in (2.44 m)
従輪 4 ft 6 in (1.37 m)
固定軸距 16 ft 0 in (4.88 m)
炭水車重量 41 long tons 14 cwt (175,600 lb/79.7 t)
ボイラ圧力 140 psi (0.97 MPa)
気筒 2, inside
気筒寸法 18 in × 24 in (460 mm × 610 mm)

アイアン・デューク型機関車の試作車(軸配列 2-2-2)として1846年に製造され、グレートウェスタンと名付けられた。 動輪を急行列車「フライング・ダッチマン」で使用されていた機関車より1ft.大きい8ft.にした。後に、軸配列を4-2-2に変更した。

アイアン・デューク型[編集]

アイアン・デューク型
GWR Hirondelle.jpg
リロンデール
動力方式 蒸気機関
設計者 ダニエル・グーチ
製造所 グレート・ウェスタン鉄道
軸配置(ホワイト式) 4-2-2
軌間 7 ft 0.25 in (2.140 m)
先輪 4 ft 6 in (1.37 m)
動輪 8 ft 0 in (2.44 m)
従輪 4 ft 6 in (1.37 m)
固定軸距 18 ft 8.5 in (5.702 m)
気筒寸法 18 in × 24 in (460 mm × 610 mm)
アイアンデュークのレプリカ(ブリストンにて)
アイアンデューク機関車模型(スウィンドン蒸気機関車博物館にて)
名前 製造年 廃車年 詳細情報
グレートウェスタン
(Great Western)
1846 1870 試作車(車軸配列:2-2-2)を改造。車距:8ft.11½in.
グレートブリテン
(Great Britain)
1847 1880 2台目に製造された機関車。試作機を改造。車距:18ft.6in.
アイアンデューク
(Iron Duke)
1847 1871 試作機を改造。 車距:18ft.6in.アイアンデュークという型名は初代ウェリントン公爵アーサー・ウェルズリーの渾名から付けられた。
エンペラー
(Emperor)
1847 1873 試作機を改造。車距:18ft.6in.
ライティング
(Lightning)
1847 1878 試作機を改造。 車距:18ft.6in.
パシャ
(Pasha)
1847 1876 試作機を改造。車距:18ft.6in.
スルタン
(Sultan)
1847 1874 試作機を改造。車距:18ft.6in.
クーリエ
(Courier)
1848 1877 クーリエは、配達人のこと
ドラゴン
(Dragon)
1848 1872
リロンデール
(Hirondelle)
1848 1873 リロンデールはフランス語でツバメのこと
ルジュモン
(Rougemont)
1848 1879 ルージュモント城英語版は、同鉄道沿線であるデヴォンエクセターにある歴史的遺産
タタール
(Tartar)
1848 1876 タタールは東ヨーロッパのテュルク系民族
ウオーロック
(Warlock)
1848 1874 ウオーロックは男性の魔女のこと
ウィザード
(Wizard)
1848 1875 ウィザードは伝統的な魔術師のこと
スワロー
(Swallow)
1849 1871 スワローは英語でツバメのこと。速いスピードで飛ぶ鳥である
チモール
(Timour)
1849 1871 ティムールは14世紀中央アジアの君主
トルネード
(Tornado)
1849 1881
エスタフェット
(Estafette)
1850 1884 1970年に新しいボイラーとホイールベースを付替えた。車距が19in.に増加した
ペルセウス
(Perseus)
1850 1880 ペルセウスは、ギリシャ神話に登場する神である
プロメテウス
(Prometheus)
1850 1887 プロメテウスは、ギリシャ神話に登場する神である
ローバー
(Rover)
1850 1871 ローバー は放浪者のこと
アマゾン
(Amazon)
1851 1877 アマゾンは女戦士のこと
ロード・オブ・ザ・アイルズ
(Lord of the Isles)
1851 1884 ロード・オブ・ジ・アイルズ英語版はスコットランドの貴族の称号。15世紀以降はスコットランド王・イギリス王の長男が帯びる
アルマ
(Alma)
1854 1872 アルマ(ウクライナの地名)の戦い英語版(1854年、クリミア戦争)を記念したもの
バラクラヴァ
(Balaklava)
1854 1871 バラクラヴァ(ウクライナの地名)の戦い (1854年、クリミア戦争)を記念したもの
クリミア
(Crimea)
1855 1876 クリミア戦争 (1853年10月–1856年2月)を記念したもの
エフパトリア
(Eupatoria)
1855 1876 エフパトリア(ウクライナの地名)の戦い英語版(1855年、クリミア戦争)を記念したもの
インカーマム
(Inkermann)
1855 1877 インカーマン(ウクライナの地名)の戦い英語版(1854年、クリミア戦争)を記念したもの
ケルチ
(Kertch)
1855 1872 ケルチ(ウクライナの地名)占領 (1855年、クリミア戦争)を記念したもの
セバストポル
(Sebastopol)
1855 1880 セヴァストポリ(ウクライナの地名)の占領(1854–1855年、クリミア戦争)を記念したもの

ローバー型[編集]

ローバー型
(アイアン・デューク改造型)
GWR Dragon at Taunton 1892.jpg
1892年5月20日(広軌での営業運転最終日)ロンドン発ペンザンス行きの列車を牽引するドラゴン
(トーントン駅にて)
動力方式 蒸気機関
設計者 ジョセフ・アームストロング
製造所 グレート・ウェスタン鉄道
軸配置(ホワイト式) 4-2-2
軌間 7 ft 0.25 in (2.140 m)
先輪 4 ft 6 in (1.37 m)
動輪 8 ft 0 in (2.44 m)
従輪 4 ft 6 in (1.37 m)
固定軸距 19 ft 0 in (5.79 m)
気筒寸法 18 in × 24 in (460 mm × 610 mm)
スウィドン蒸気機関車博物館展示のエンペラーの模型
名前 製造年 廃車年 詳細情報
バラクラヴァ
(Balaklava)
1871 1892 1875年に廃車となったアイアン・ディーク型機関車の名前を再利用 (上記参照)
リロンデール
(Hirondelle)
1871 1890 1873年に廃車となったアイアン・ディーク型機関車の名前を再利用 (上記参照)
アイアンデューク
(Iron Duke)
1873 1892 1871年に廃車となったアイアン・ディーク型機関車の名前を再利用 (上記参照)
チモール
(Timour)
1873 1892 1871年に廃車となったアイアン・ディーク型機関車の名前を再利用 (上記参照)
スルタン
(Sultan)
1876 1892 1874年に廃車となったアイアン・ディーク型機関車の名前を再利用 (上記参照)
タタール
(Tartar)
1876 1892 1876年に廃車となったアイアン・ディーク型機関車の名前を再利用 (上記参照)
ウオーロック
(Warlock)
1876 1892 1874年に廃車となったアイアン・ディーク型機関車の名前を再利用 (上記参照)
アマゾン
(Amazon)
1878 1892 1877年に廃車となったアイアン・ディーク型機関車の名前を再利用 (上記参照)
クーリエ
(Courier)
1878 1892 1876年に廃車となったアイアン・ディーク型機関車の名前を再利用 (上記参照)
エフパトリア
(Eupatoria)
1878 1892 1876年に廃車となったアイアン・ディーク型機関車の名前を再利用 (上記参照)
インカーマム
(Inkermann)
1878 1892 1877年に廃車となったアイアン・ディーク型機関車の名前を再利用 (上記参照)
ライティング
(Lightning)
1878 1892 1878年に廃車となったアイアン・ディーク型機関車の名前を再利用 (上記参照)
アルマ
(Alma)
1880 1892 1872年に廃車となったアイアン・ディーク型機関車の名前を再利用 (上記参照)
バルクリー
(Bulkeley)
1880 1892 バルクリーは長年グレートウェスタン鉄道の名誉取締役を務めた役員の名
ドラゴン
(Dragon)
1880 1892 1872年に廃車となったアイアン・ディーク型機関車の名前を再利用 (上記参照)
エンペラー
(Emperor)
1880 1892 1873年に廃車となったアイアン・ディーク型機関車の名前を再利用 (上記参照)
グレートブリテン
(Great Britain)
1880 1892 1880年に廃車となったアイアン・ディーク型機関車の名前を再利用 (上記参照)
セバストポル
(Sebastopol)
1880 1892 1880年に廃車となったアイアン・ディーク型機関車の名前を再利用 (上記参照)
グレートウェスタン
(Great Western)
1888 1892 1870年に廃車となったアイアン・ディーク型機関車の名前を再利用 (上記参照)
プロメテウス
(Prometheus)
1888 1892 1887年に廃車となったアイアン・ディーク型機関車の名前を再利用 (上記参照)
トルネード
(Tornado)
1888 1892 1881年に廃車となったアイアン・ディーク型機関車の名前を再利用 (上記参照)

レプリカ[編集]

1985年にレプリカされたアイアン・デューク型蒸気機関車
ブリストンでのアイアン・デューク級蒸気機関車のレプリカ

1985年、アイアンデューク型蒸気機関車の動くレプリカがグレート・ウェスタン鉄道150周年記念の一環として2台のハンスレットオーステイ機関車の部品を使用して作られた。ボイラーの保証が切れたため、現在蒸気を発生することができない。ヨークの国立鉄道博物館にて保存されている。
2006年にはプリストンに運ばれ、Maritime Herstage Centreで開催された「イザムバード・キングダム・ブルネルの9つの生活」展の目玉として展示された。
2010年1月には、レプリカはウォリッタシャー州クロスタシャーに運ばれ、グレート・ウェスタン鉄道175周年記念として同鉄道の機関車の静態展示の一つとなった。
レプリカは、
きかんしゃトーマスの原作「汽車のえほん」シリーズ
第34巻「Thomas and the Great Railway Show」に登場し、
まゆと口ひげを加えた状態で描写された。

参考書籍[編集]

  • Reed,P. J. T. (February 1953). White, D. E.. ed. The Locomotives of the Great Western Railway, Part2: Broad Gauge. Kenilworth: RCTS. pp. B18, B-19-B20,B29-B31. ISBN 0-901115-32-0.
  1. ^ Casserley, H.C. (1960). Historic locomotive pocket book. London: Batsford. pp. 12-13. 
  2. ^ History of the Broad Gauge”. The Broad Gauge Society. 2007年1月30日閲覧。

外部リンク[編集]