グレートブリテン共産党 (暫定中央委員会)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イギリスの旗 イギリスの政党
グレートブリテン共産党 (暫定中央委員会)
Communist Party of Great Britain (Provisional Central Committee)
党首 集団指導体制
成立年月日 1980年
庶民院議席数
(0%)
0 / 650
2012年7月15日現在)
貴族院議席数
(0%)
0 / 704
2012年7月15日現在)
政治的思想・立場 共産主義
マルクス・レーニン主義
反スターリン主義
公式サイト Home - Communist Party of Great Britain
シンボル 赤、白
テンプレートを表示

グレートブリテン共産党 (暫定中央委員会)(Communist Party of Great Britain (Provisional Central Committee) CBGC-PCC)は、イギリスの共産主義政党。同名のグレートブリテン共産党 (マルクス・レーニン主義)とは何の繋がりもなく、無関係である。機関紙は「ウィークリー・ワーカー」(週刊)。2012年現在党首は存在せず、集団指導体制となっているが、ナショナル・オルガナイザーをマーク・フィッシャーが務めている。

概要[編集]

1977年に路線対立で英国新共産党から分裂して誕生した「グレートブリテン共産党」がこの組織の起源である。グレートブリテン共産党が崩壊した後、党の再建を目指して結党された。

党員ではないが、旧ソ連の反体制派の人物であったボリス・カガルリツキーイスラエルの新左翼団体「マツペン」発起人の一人であるモーシェ・マホーバー、大学教授のヒレル・ティックティンなどが、CPGB-PCCの集会で講演したことがある[1]

CPGB-PCCは、旧ソビエト連邦とその衛星国を「官僚的社会主義」とかねてから批判していた[2]。そして、ソビエト連邦のいかなる理論も支持しなかった。

コソボ紛争の際には、一貫してコソボ解放軍(KLA)を支持し、コソボのセルビア(当時はユーゴスラビア)からの独立を支持した[3]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]