グレートソードマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グレートソードマン
ジャンル スポーツゲーム
対応機種 アーケード[AC]
プレイステーション2[PS2]
開発元 [AC]セタ[PS2]タイトー
発売元 [AC][FC]タイトー
人数 1~2人交互プレイ
発売日 [AC]1984年
[PS2]2007年3月29日
その他 PS2版はタイトーメモリーズII 下巻に収録
テンプレートを表示

グレートソードマン (Great Swordsman) は1984年にリリースされたタイトーから販売、セタが製作したアーケードゲームスポーツゲームである。

ルール[編集]

2方向レバーでプレイヤーの前進と後退を行い、3つのボタンで上攻撃、中攻撃、下攻撃を行う。設定された本数を先取して相手に勝利することで次のステージに進める。フェンシングステージのみ、最終的に同点だった場合でも次のステージに進める。全15ステージでループする。2人プレイ時は交代で対CPU戦を行うもので、プレイヤー同士の対戦モードはない。

1ステージクリアするごとに「VICTORY SCORE」が加算される。また各ステージ間にボーナスゲームがあり、放たれる矢を上段、中段、下段のボタンを使い分けて避ける。

なお、卑怯な勝ち方(実際には特定のパターン)をすると、観客がゲームに関係のないものを投げてくる。

ステージ構成[編集]

フェンシング
1試合5ポイント先取で勝ちとなる。3人勝ち抜けばクリア。対戦相手はアッペルス、レドン、ファンティンの3人。
剣道
1試合2本先取すれば勝ちとなる。5人勝ち抜けばクリア。対戦相手は先鋒、次鋒、中堅、副将、大将の5人。
ローマ
1本勝負のため、ミスが許されない。7人勝ち抜けばクリア。対戦相手はマーズ、ヘルメス、アポロ、ヘリオス、オリオン、ウラニス、ゼウスの7人。

関連作品[編集]

  • 黄金の城 - 「グレートソードマン」のシステムを生かしたアーケードゲーム。
  • 六三四の剣 ただいま修行中 - 漫画『六三四の剣』を題材にしたファミリーコンピュータ用ゲーム。元々「グレートソードマン」はファミコンにも移植される予定だったが、結局発売されなかった。それが六三四の剣(大会や対戦モードが本作の剣道ステージとほぼ同じ内容になっている)に化けたという説がある。

外部リンク[編集]