グレンデル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グレンデル

グレンデルGrendel)は、北欧イギリス叙事詩、伝承、『ベオウルフ』に登場する巨人怪物ドラゴン水妖であったとも言われる。

描写[編集]

外見は恐ろしく、醜い姿をしており、性格も残忍で、荒野沼地の周りなどをうろつき、住処は沼地の中だという。一説にはカインの末裔であるとされる。

ベオウルフとグレンデルの戦いは、『ベオウルフ』の物語の内の前半にあたる。

フロースガール王がヘオロット宮を建て、その祝宴を連夜開いていたせいで、宮の近くに住処のあったグレンデルに恨みを買ってしまう。グレンデルは毎晩フロースガール城に忍び込み、城の人間を一人ずつ食い殺していった。フロースガール王は恐怖を感じるも、何も出来ないまま12年が過ぎた。

その噂を聞きつけたベオウルフが、グレンデルを退治するためにフロースガール王の下を訪れ、ヘオロットの館の警護にあたった。その深夜、やってきたグレンデルは警護にあたっていた兵士達を殺害し、ベオウルフに奇襲をかける。突然の出来事に武器を用意していなかったベオウルフは素手でグレンデルに挑み、逆にグレンデルの片腕をもぎとった。これに慌てたグレンデルは逃走し、自分の母にこの事を報告した。これに怒ったグレンデルの母はベオウルフに復讐しに行く。しかし、グレンデル以上に恐ろしい彼の母は、逆にベオウルフに返り討ちにあい、住処で追い詰められたグレンデル自身も首を刎ねられる事になる。