グレムリン・インダストリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

グレムリン・インダストリー(英:Gremlin Industries)は、1970年から1980年代初期にかけて存在したアメリカ合衆国アーケードゲーム製造会社。

経歴[編集]

1970年カリフォルニア州サンディエゴにおいて、ソナー(魚群探知機)などを製造する海洋測定機器メーカーとして設立された。1973年にその電子技術を活かしエレメカにも参入、野球をモチーフにした最初の作品であるウォールゲーム(壁に掛ける様なデザインの筐体なのでこう呼ばれる)、"Play Ball"の売れ行きは好調だった。

テレビゲーム黎明期に参入した会社の場合、殆どのデビュー作は『ポン』や『ブロックくずし』などパドルゲームとなる事が多いが、同社は『ブロッケード』と呼ばれる陣取りゲームだった。

その後は『ブロッケード』のアーケードゲーム基板システム基板として、多数のゲームを作り始めた。国内輸入されたものでは、駆逐艦潜水艦をテーマにした『ディプスチャージ』(1977年9月)がヒットし、これも日本で複数のメーカーから同じゲームが出た。詳細については「ディープスキャン」を参照。

1979年には、スペースインベーダーブームの波に乗れなかったセガ(当時はセガ・エンタープライゼス)が技術力を身に付けるため、アメリカ支社のセガがグレムリン・インダストリーを買収、「セガ・グレムリン」と呼ばれる様になった。この時の技術協力にはアーケードゲーム基板として、『ヘッドオン』用基板や、ラスタースキャンベクタースキャン兼用のG80基板などが挙げられる。

その後技術部門はセガ・エレクトロニクスと改名したが、セガ本社が充分な技術力をつけたため、セガ・エレクトロニクスはアメリカの老舗ピンボールメーカーであるバリー社に譲渡された。しかし1983年にはアタリショックの犠牲となり、1984年には完全に業務を停止した。同社が自社開発したアーケードゲームの中には、異なる名前で再発売されたものもある。

日本製ゲームからのライセンス[編集]