グレッグ・バーンセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グレッグ・バーンセン
生誕 1948年9月17日
ワシントン州オーバーン
死没 1995年12月11日(満47歳没)
職業 神学者聖書学者
テンプレートを表示

グレッグ・バーンセン(Greg Bahnsen, 1948年9月17日 - 1995年12月11日)は、アメリカ合衆国カルヴァン主義の哲学者、護教家、聖書学者。正統長老教会按手礼を受けた教役者である。

高校生の時コーネリウス・ヴァン・ティルを学び、影響を受ける。そしてラッシュドゥーニーが創立したキリスト教再建主義カルケドン財団で執筆した。

神学[編集]

前提主義のアプローチをとる。『現代に生きるための旧約律法』で旧約の司法律法の刑罰は神が定められたものなので、重すぎもせず、軽すぎもしないため、この処罰規定の現代適用が妥当であるとしている。ヨハネによる福音書7章53節-8章11節の聖書記事は、司法律法の廃止と解釈されることがあるが、バーンセンはそれを否定し、この箇所が律法の有効性をなくすものでは無いと教えている[1]

脚注[編集]

  1. ^ 姦淫の現場で捕らえられた女についてグレッグ・バーンセン

著書[編集]

  • 『現代に生きるための旧約律法』 床田亮一訳 聖恵授産所出版部

外部リンク[編集]

執筆の途中です この項目「グレッグ・バーンセン」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。