グレイバック級潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グレイバック級潜水艦
USS Grayback
艦級概観
種別 巡航ミサイル潜水艦
艦名 魚名
建造者 {{{建造者}}}
運用者 {{{運用者}}}
建造期間 {{{建造期間}}}
就役期間 {{{就役期間}}}
同型艦 {{{同型艦}}}
前級 セイルフィッシュ級潜水艦
次級 スケート級原子力潜水艦
主要諸元
排水量 基準 1,740トン
水上 2,670トン
水中 3,650トン
総トン数 {{{総トン数}}}
全長 96.8 m
全幅 8.3 m
吃水 5.8 m
深さ {{{深さ}}}
機関 ディーゼル・エレクトリック方式
FM 10気筒 2サイクルディーゼルエンジン (1,500bhp)×3基
・エリオット電動機 (2,800shp)×2基
スクリュープロペラ×2軸
機関出力 {{{機関出力}}}
電力 {{{電力}}}
速力 水上: 20ノット
水中: 12ノット
燃料 {{{燃料}}}
航続距離 15,000 マイル (24,000 km)
潜航深度 213m
乗員 87名
搭載量 {{{搭載量}}}
装甲 {{{装甲}}}
兵装 ・21インチ魚雷発射管×8門
 (艦首側6門+艦尾側2門)
レギュラス巡航ミサイル発射機1基
搭載機 {{{艦載機}}}
搭載総数 {{{総艦載機数}}}
搭載艇 {{{艦載艇}}}
C4ISTAR {{{C4I}}}
レーダー
ソナー
電子戦
対抗手段
特殊装備
その他

グレイバック級潜水艦(グレイバックきゅうせんすいかん 英語: Grayback class submarine)は、アメリカ海軍潜水艦の艦級。本級はアメリカ海軍初の巡航ミサイル潜水艦であった。通常動力型であり、艦前部上方にコブ状の格納庫を装備し、レギュラス巡航ミサイルを運用可能であった。同型艦は2隻。

概要[編集]

アメリカ海軍の戦略攻撃用潜水艦である。1946年から開発していたレギュラス巡航ミサイルは、潜水艦からも発射可能なものであり、核弾頭を搭載し、有用な戦略兵器となりえるものであった。

1950年代に入り、実用化の目処が付き始めると、これを搭載する潜水艦を建造することとなった。レギュラスは有翼ミサイルであり、円滑な運用のために、大きな開口部付きの専用のミサイル倉を持つ潜水艦が求められた。これにより、タング級潜水艦を改設計し、レギュラス搭載用のグレイバック級潜水艦が建造された。

一番艦のグレイバック(SSG-574)は1957年に就役している。艦の前部に円筒形ミサイル倉を2基装備し、そこにレギュラス巡航ミサイルを搭載している。レギュラスIは4発は搭載でき、レギュラスII(開発中止)は2発が搭載できた。ミサイル発射機1基が装備され、発射にあたっては、浮上の後、ランチャーを展開させる必要があった。1960年にはポラリス潜水艦発射弾道ミサイルを搭載したジョージ・ワシントン(SSBN-598)が作戦配備されたことにより、戦略兵器としては陳腐化し、他用途へ転用された。

同型艦[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]