ザ・グレイト・ロックンロール・スウィンドル (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザ・グレイト・ロックンロール・スウィンドル
The Great Rock 'n' Roll Swindle
監督 ジュリアン・テンプル
脚本 ジュリアン・テンプル
製作 ドン・ボイド
ジェレミー・トーマス
音楽 セックス・ピストルズ
撮影 ウィリー・パターソン
ジュリアン・テンプル
公開 イギリスの旗 1980年3月15日
日本の旗 1990年4月28日
上映時間 103分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
テンプレートを表示

ザ・グレイト・ロックンロール・スウィンドル』(原題:The Great Rock 'n' Roll Swindle)は、パンク・ロックバンド、セックス・ピストルズのドキュメンタリー映画。

概要[編集]

ピストルズ・ヒストリーではあるものの実際は、マネージャーのマルコム・マクラーレンが語り手となって、いかにして、ロックンロール・インダストリーのトップの座を騙し取ったかが得々と語られる内容となっている。 マルコムの奇妙な語り口とその存在感は圧巻で、当時のピストルズの未公開映像やアニメーションなども織り交ぜられたこの映画は、ロックミュージシャンのムービーの中ではひときわ異彩を放つものとなった。

「混乱から金を」「実際、演奏ができるよりはできない方がよいのだ」「音楽性はともかく、ジェネレーションギャップを創り出す方が肝心」「ピストルズを有名にするためにはあらゆる競争を避けた。」「音楽にはまったく興味のない弁護士を雇え」「ジョニー・ロットンは最終的には敵側(アメリカ)に身を売ったコラボレーター(対独協力者)」等々、マルコム独自のマネジメント哲学が語られており、彼の状況主義者的スタンスが鮮明になっている。

映画タイトルのナンバー「ザ・グレート・ロックンロール・スウィンドル」の演奏シーンでは、「誰でもピストルズになれる・ガキのオーディション」と銘打ち、そこらへんのガキたちに代わる代わるボーカルを取らせており、ピストルズの虚構ぶりを強調している。

ただし、この内容は「事実無根のでたらめ」とジョニー・ロットンらの怒りを買い、2001年「ノー・フューチャー」という新たなピストルズドキュメンタリーが、同じテンプル監督によって、旧メンバー全面協力のもと作られることになった。

リアルなピストルズストーリーとしては、「ノー・フューチャー」の方が正しい内容である。ただ、「グレート・ロックンロール・スウィンドル」は、マルコム・マクラーレンという稀代の詐欺師を強く印象づけ、彼自身を新たなスター、それも一流のトリックスターたらしめるきっかけとなった。

同名のサウンドトラックがリリースされている。詳しくは『ザ・グレイト・ロックン・ロール・スウィンドル』を参照。

外部リンク[編集]