グルーチョ眼鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グルーチョ眼鏡

グルーチョ眼鏡Groucho glasses)とは、アメリカ合衆国コメディアングルーチョ・マルクスを模したジョークグッズ眉毛プラスチック製の口髭をくっ付けた黒縁の眼鏡が一般的だが、プラスチック製の煙草が付く場合もある。

数あるジョークグッズの中でも、最も広く用いられたものの1つとされ[1]1940年代初頭に初めて売り出されて以降、瞬く間に世界中で認識される所となった[2]。今日ではドタバタ喜劇小道具として使われる事が多い[3]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Giddins,Gary(18 June 2000)There Ain't No Sanity Claus The New York Times
  2. ^ Giddins, Gary (2001). The New York Times Book Reviews 2000, volume 1. Fitzroy Dearborn Publishers. ISBN 1579580580. 
  3. ^ Pritzker, Steven R. (1 September 1999). “The Effect of Groucho Marx Glasses on Depression”. Psychology Today (Sussex Publishers). http://www.psychologytoday.com/articles/pto-19990901-000042.html.