グルタミン酸セミアルデヒドデヒドロゲナーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グルタミン酸セミアルデヒドデヒドロゲナーゼ
識別子
EC番号 1.2.1.41
CAS登録番号 54596-29-1
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

グルタミン酸セミアルデヒドデヒドロゲナーゼ(glutamate-5-semialdehyde dehydrogenase)は、アルギニンおよびプロリン代謝酵素の一つで、次の化学反応触媒する酸化還元酵素である。

L-グルタミン酸-5-セミアルデヒド + リン酸 + NADP+ \rightleftharpoons L-グルタミル-5-リン酸 + NADPH + H+

反応式の通り、この酵素の基質はL-グルタミン酸-5-セミアルデヒドリン酸NADP+、生成物はL-グルタミル-5-リン酸とNADPHとH+である。

組織名はL-glutamate-5-semialdehyde:NADP+ 5-oxidoreductase (phosphorylating)で、別名にβ-glutamylphosphate reductase, γ-glutamyl phosphate reductase, β-glutamylphosphate reductase, glutamate semialdehyde dehydrogenase, glutamate-γ-semialdehyde dehydrogenaseがある。

参考文献[編集]

  • Baich A (1971). “The biosynthesis of proline in Escherichia coli: phosphate-dependent glutamate -semialdehyde dehydrogenase (NADP), the second enzyme in the pathway”. Biochim. Biophys. Acta. 244: 129–34. PMID 4399189.