グルジア軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グルジア軍
საქართველოს შეიარაღებული ძალები
グルジア軍旗
創設 1991年
派生組織
指揮官
司令官
総人員
徴兵制度
財政
予算 2億5000万ドル(2007年)
軍費/GDP 17,2 %(2007年)
産業
国外供給者
関連項目
歴史
テンプレートを表示

グルジア軍(グルジアぐん、グルジア語საქართველოს შეიარაღებული ძალები)は、グルジアが保有する軍隊グルジア陸軍グルジア空軍グルジア海軍の三軍とグルジア国家警備隊からなる。

歴史[編集]

グルジアは、ソ連時代末期のズヴィアド・ガムサフルディア時代から独立傾向が強く、駐留ソ連軍との関係は良好ではなかった。独立宣言直前の1990年12月には、ソ連中央に対抗する武装組織として、グルジア国家警備隊が設立された。このような経緯もあり、ソ連軍の組織は継承されなかった。グルジア国家警備隊は民間の志願兵によって組織され、装備は旧ソ連のものを使用した。重装備についても1992年に旧ソ連からの継承として分配されている[2]

グルジアに帰郷した旧ソ連軍の軍人も個人として加わっている。国家警備隊は国内治安維持目的に使用され、独立後の政治的混乱に加え経済混乱もあり、民族紛争の発生した南オセチアアブハジアに投入された。国内治安維持目的の武装部隊としては内務省系のムヘドリオーニ(en:Mkhedrioni)もあり、任務が重複しているのみならず、上層部の私兵としても用いられ、社会混乱に拍車を掛けた[3]

1990年代半ばまでに、独立に伴う政治・経済混乱やグルジア内戦のためにグルジアの兵力は著しく低下していた。内戦の終結後、国家警備隊が1994年に国防省傘下に入り、これを母体に三軍の戦力の整備が開始された。イラク戦争後にはイラク国内の治安維持の為、2000名の陸軍兵士を派遣していたが、南オセチア紛争の勃発に伴い、帰還させている[4]。南オセチア紛争では多数の兵器が無傷でロシア軍に鹵獲された[5]

機構[編集]

グルジアの軍事組織

三軍[編集]

グルジア軍は、陸軍、空軍、海軍の三軍種と国家警備隊から成る。


統制機構[編集]

トビリシにあるグルジア国防省

国防省

  • グルジア軍参謀本部
    • 陸軍司令部
    • 空軍司令部
    • 海軍司令部
    • 国家親衛隊
    • 兵站支援局
    • インフラ局
    • 医療支援局
    • 憲兵部
    • 情報部


他国からの援助と軍事予算[編集]

地政学的な意味合いから西側諸国に軍事援助を求めており、2000年代に入りNATO諸国(特にアメリカ合衆国)からの援助が増え、軍の改革・再教育が進められている。例として、グルジア陸軍兵士のアサルトライフルをロシア製のAKシリーズから、アメリカ製のM4カービンに置き換える(その際サーカシビリ大統領自身が一人ずつ兵士にM4を渡す式典が行われている[6])などを行なっている。アメリカ軍との合同軍事演習も行われている。

南オセチア紛争以前からロシアの侵攻に備える為に大幅な軍拡を行っている。しかし、軍事評論家の江畑謙介は「予算に無理のある計画だ」[7]と評している。

脚注[編集]

外部リンク[編集]