グルジアの国章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グルジアの国章
Greater coat of arms of Georgia.svg
詳細
採用 2004年
サポーター ライオン
モットー "ძალა ერთობაშია"
(「団結は力なり」)

グルジア国章(グルジアのこくしょう)は、2004年10月1日に承認された。一部がグルジアの王家バグラチオニ王朝の用いる中世の紋章に基づいている。

左後ろ足立ちの2匹のライオンサポーターとして描かれており、盾の上にはオーア色のグルジアの王家のが乗っている。盾自体の色はギュールズで、馬に乗り、槍で頭を貫かれて地を這う龍を踏みつけるアージェント色のゲオルギウスが描かれている。

盾の下には、グルジア文字で「団結は力なり」(Dzala Ertobashiaグルジア語: ძალა ერთობაშია)というモットーが書かれている。

以前の国章[編集]

この国章は、1918年から1921年にかけて存在したグルジア民主共和国で使用された。グルジアの守護聖人として長い伝統を持つゲオルギウスが描かれているが、自由を求めてロシア帝国と戦ったグルジアを象徴するアミランであるとする等、別の説もある。1991年に国章として復活し、2004年まで用いられた。
1917年以前は、グルジアはロシア帝国の一部であり、グルジアの紋章はカフカースの紋章の一部であった。
1801年以前の紋章の多くは、ダビデの子孫を称するバグラチオニ家の紋章であった。そのため、ダビデ王のこと、投石器チュニック等の要素が含まれている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]