グルジアのニノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グルジアのニノ
グルジアの亜使徒光照者聖ニノのイコン。右手に葡萄十字、左手に福音経を持った姿で描かれている。
亜使徒光照者
他言語表記 グルジア語: წმინდა ნინო
ギリシア語: Αγία Νίνω
ロシア語: Святая Нина
英語: St. Nina (or St. Ninny)
生誕 296年
カッパドキアコラストラKolastra
死没 338年もしくは340年
グルジアカヘティKakheti
崇敬する教派 正教会東方諸教会カトリック教会
主要聖地 ボドベ修道院Bodbe Monastery
記念日 1月27日ユリウス暦1月14日
1月15日カトリック教会
守護対象 グルジア

グルジアの亜使徒光照者(あしと こうしょうしゃ)聖ニノグルジア語: წმინდა ნინო, ギリシア語: Αγία Νίνω, ロシア語: Святая Нина, 英語: St. Nina (or St. Ninny)296年 - 338年もしくは340年)は、グルジアキリスト教を伝道・紹介した女性である。「ニノ」はグルジア語からの転写。英語・ロシア語表記からは「ニーナ」と転写し得る。

崇敬[編集]

正教会東方諸教会カトリック教会で崇敬されている。グルジア正教会で特に崇敬される。英語・ロシア語の表記から「ニーナ」とも転写され、日本正教会では「ニーナ」が一般的であるが、グルジア語での発音は「ニノ」が近い。

ユリウス暦を使用する正教会では1月27日修正ユリウス暦を使用する正教会・グレゴリオ暦を使用する諸教会では1月14日に記念される。

伝承[編集]

多くの広く伝えられる伝承によれば、彼女はカッパドキアコラストラKolastra)出身であり、聖ゲオルギウスの親類であり[1]コンスタンディヌーポリ(コンスタンティノープル)からグルジア(コーカサス・イベリア(Iberia))に来たという。他の伝承によれば、彼女はローマエルサレムもしくはガリア出身であるという[2]。彼女は奇蹟的な癒しを行い、グルジアの女王ナナ、続いて、狩猟旅行中に闇の内に失明したが「ニノの神」に祈った後で道を見出した、異教徒のイベリア王ミリアン3世(Mirian III of Iberia)を改宗させ、ミリアンはキリスト教を327年に国教とし、ニノはグルジアにおける伝道活動を死ぬまで続けた。

彼女の墓は東部グルジアのカケティKakheti)にあるボドベ修道院Bodbe Monastery)にある。聖ニノはグルジア正教会にあって最も崇敬される聖人の一人であり、彼女を象徴する葡萄十字はグルジアのキリスト教のシンボルである。

脚注[編集]

  1. ^ Orthodox Church of America - [1]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]