グルコース-1-リン酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グルコース-1-リン酸(構造式は共役塩基)
{{{画像alt2}}}
識別情報
CAS登録番号 59-56-3
PubChem 65533
MeSH glucose-1-phosphate
特性
化学式 C6H13O9P
モル質量 260.14 g mol−1
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

グルコース-1-リン酸(グルコース-1-リンさん、glucose-1-phosphate、G1P)とは、1位のヒドロキシ基リン酸化したグルコース誘導体のことである。コリエステルとも言う。

反応[編集]

異化作用[編集]

グリコーゲン分解では、グリコーゲンホスホリラーゼの作用によってグリコーゲン分子から直接切り出される。

細胞内で使用するために、ホスホグルコムターゼの作用によってG1Pはまずグルコース-6-リン酸に変換される。グリコーゲン分解の際にグルコースではなくG1Pが切り出されてくる理由の一つは、リン酸化されたグルコースは極性が大きくなり、細胞膜を通過できなくなるためである。

同化作用[編集]

グリコーゲン合成では、G1PはUDP-グルコースホスホリラーゼの作用により、ウリジン三リン酸(UTP)と反応してUDP-グルコースとなる。この物質はグリコーゲン合成反応に使われ、再びグリコーゲンに取り込まれる。

関連項目[編集]