グリーン・ベレーのバラード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グリーン・ベレーのバラード
バリー・サドラー軍曹 の シングル
収録アルバム Ballads of the Green Berets
リリース 1966
ジャンル 軍歌
時間 2:27
レーベル RCAレコード
作詞・作曲 ロビン・ムーア
バリー・サドラー
テンプレートを表示

グリーンベレーのバラード」(: The Ballad Of The Green Berets)は、アメリカ陸軍特殊部隊グリーン・ベレーを題材としたバラードスタイルの軍歌である。

概要[編集]

反戦の機運が高まっていた1960年代当時としては珍しく軍に肯定的な歌詞を持つ曲だったが、発表された1966年にはビルボードチャートで5週連続第1位となるほどの大ヒットを記録した。

グリーン・ベレー隊員としてベトナム戦争に従軍し、負傷の後に帰国した傷痍軍人バリー・サドラーが作曲し、小説『グリーン・ベレー』を手がけた作家ロビン・ムーアが作詞に協力した。歌詞は1962年4月8日、訓練任務中にベトコンの手で処刑され、ネイティブハワイアンとしてはベトナム戦争における最初の戦死者となった[1]グリーンベレー隊員ジェームズ・ガブリエル・ジュニアに捧げたものだった。さらに1つの詩がガブリエルに捧げられていたが、最終版には含まれなかった。サドラーが著した自伝「I'm Lucky One」に詳しい(Macmillan 1967, pp. 80-81)。

サドラーは1966年1月30日エド・サリヴァン・ショーでこの曲を歌い、テレビデビューを果たした。

現在でもグリーン・ベレーに代表される陸軍部隊の式典などでしばしば演奏される他、テキサスA&M大学マーチングバンドFightin' Texas Aggie Bandが演技に使用する4つの行進曲の1つとしても知られる。

評判[編集]

1966年当時、国民によるベトナム戦争への支持は既に失われ、アメリカ全土で反戦運動が高揚の兆しを見せており、さらに大衆音楽市場ではママス&パパスの『夢のカリフォルニア』が大ヒットを飛ばした直後だった。この悪条件にも係わらず、『グリーン・ベレーのバラード』は1966年のビルボードチャートで5週連続全米ヒット第1位を記録し、また1960年代を通して見ても第21位の人気であった。クロスオーバーとしても大ヒットし、ビルボードのイージーリスニング部門第1位及びカントリー・ミュージック部門第2位を獲得している。

当時はいわゆるブリティッシュ・インヴェイジョンの元にビートルズローリング・ストーンズがアメリカの音楽界を席巻していたが、『グリーン・ベレーのバラード』は、シングルとアルバム合せて900万枚を売り上げ全米チャートでも第1位の快挙を成し遂げた。ビートルズの全米チャート最高記録は『恋を抱きしめよう』の第16位で、ストーンズは『黒くぬれ!』の第21位であった。詳細はビルボードチャートを参照のこと。

映画[編集]

1968年、ロビン・ムーアの小説を原作に、熱狂的な愛国主義者として知られるジョン・ウェインが主演・監督を務めた戦争映画グリーン・ベレー』が公開され、ケン・ダービー合唱団が編曲したグリーン・ベレーのバラードがメインテーマに用いられた。この映画版編曲のスコアは長らくアルバムとしてリリースされなかったが、2005年に映画音楽雑誌Film Score Monthlyがリリースした。ヨーロッパではこの映画とタイアップしたパッケージのレコードや、『荒野の用心棒』や『夕陽のガンマン』のサウンドトラックを含むエンリオ・モリコーネのカバー版アルバムがリリースされた。

その他、『アメリカン・グラフィティ2』や『ジョン・キャンディの大進撃』などの映画でも挿入歌として使われた。2002年の映画『ショウタイム』における銃砲展示会のシーンや、『Jesus' Son』におけるジャック・ブラックヒッチハイクのシーンでも耳にすることが出来る。

アメリカのテレビドラマ『チアーズ』のあるエピソードでは、クリフのカナダ移住計画を中止させる折、サム、ウッディ、フレイジャーが彼の愛国心を煽るべくこの歌を歌った。

カバーおよび派生作品[編集]

1966年から現在に至るまで、陸軍の慰問歌手としてその名を知られたケイト・スミスや、グラミー賞を受賞した伝説的ギタリストデュアン・エディといった著名なアーティストからドラッグストア・レコード(古い曲のカバー版などを収録した低価格なレコード)を手がける無名のアーティストに到るまで、有名無名を問わぬ様々な歌手によって世界各国でカバー版が発表された。

多くのカバー版は外国において当該国の軍特殊部隊を題材とするように翻訳したものであった。次のようなものが良く知られている。

  • ドイツ語版のHundert Mann und ein Befehl(100人と1つの命令)はフレディ・クイン、後にはハイジ・ブリュールによって歌われ大ヒットした。Hundert Mann und ein Befehlは反戦歌であり、息子だけではなく父親にも、全ての犠牲を拒否させる歌詞であった。フレディ・クインのバージョンは、後にWelle: ErdballCryptic Wintermoonによって更にカバーされた。
  • オランダ王国陸軍コマンドー部隊(KCT)はオリジナルの歌詞をそのまま使用している。但し、オリジナルでは"These are men, America's best"と歌われるサビの箇所を"These are men, The Netherlands' best"と歌い替えている。また最後に息子についての願いを語る箇所も、"Make him one of The Netherlands' best"と同様に歌いかえられている。この歌は元々、過酷なコマンドー基本訓練(ECO)を完遂した新兵達がコマンドー部隊の象徴である緑色のベレー帽を受け取る際に歌ったものであるという。
  • ローデシアのシンガーソングライタージョン・エドモンドは緑色のベレー帽を身に着けていたローデシア軍の特殊部隊ローデシア軽歩兵の兵士を題材としたグリーン・ベレーのバラードを録音した。また、Ballad of the Red Beret(レッド・ベレーのバラード)は、チクルビに駐屯するローデシア内務省軍の隊員によって歌われた。南アフリカでは、グリーンベレーのバラードはBallad of the Maroon Berets(マルーン・ベレーのバラード)として歌われた。栗色のベレー帽は南アフリカ特殊部隊旅団及び第44落下傘連隊のシンボルだった。
  • スウェーデン語版のBalladen om den blå baskern(ブルー・ベレーのバラード)は、青いベレー帽を着用し国連軍国際連合平和維持活動に参加するスウェーデン軍兵士を讃えたものである。アニタ・リンドブロムによって歌われた。
  • クロアチア特殊作戦大隊(BSD)でもオリジナルの歌詞を使用しているが、上記のKCTと同様に"These are men, America's best"を"These are men, Croatia's best" と歌いかえる他、最後のサビも "Make him one of Croatia's best"と歌いかえられる。これはどのような時に歌われているのか不明だが、恐らくは新兵の訓練完了後だと思われる。
  • イタリア語版はLa Ballata del Soldato(兵士のバラード)として知られ、クァテット・チェトラにより歌われる。
  • 日本語版の悲しき戦場は、ケン・サンダース漣健児によるカバー版で、歌詞はオリジナルと大きく異なる。

パロディ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Mizutani, Ron (2010年5月18日). “First Native Hawaiian Killed in Vietnam Conflict Honored”. KHON2.com. KHON-TV. 2011年3月12日閲覧。

外部リンク[編集]