グリーゼ876

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グリーゼ876
データ
元期 J2000
星座 みずがめ座
赤経 22h 53m 16.7s
赤緯 -14° 15′ 49″
視等級 (V) 10.162 [1]


Gliese876Orbits.svg
グリーゼ876惑星系
特徴
スペクトル分類 M4V [1]
色指数 (B-V) 1.59
色指数 (U-B) 1.15
変光星 りゅう座BY星
アストロメトリー
視線速度 (Rv) -1.7 km/s
固有運動 (μ) 赤経: 960.33 ミリ秒/
赤緯: -675.64 ミリ秒/年
年周視差 (π) 212.59 ± 1.96 ミリ秒
距離 15.33 光年
(4.704 パーセク
絶対等級 (MV) 11.80 (±0.05) [1]
詳細
質量 0.334 (±10%) [1] M
半径 0.36 R
光度 0.013 [1] L
表面温度 3,240 K
金属量 70-180%
[Fe/H] 0.05 (±0.20) [1]
自転速度 0.16 km/s (v sin i) [1]
自転周期 96.7 [1]
年齢 <1 ×1010
他の名称
みずがめ座IL星, Ross 780, Gl 156-057, GJ 876, BD-15°6290, GCTP 5546.00, LHS 530, Vys 337, HIP 113020, LCC 0460
Template (ノート 解説) 天体PJ

グリーゼ876 (Gliese 876)、別名ロス780 (Ross 780) は太陽系から約15光年の距離にあるM4V型の赤色矮星である。ドップラーシフト観測により、2000年に2個、2005年に1個、2010年にはさらにもう1個の惑星が発見されている。

惑星系[編集]

4つの惑星のうち、巨大ガス惑星とみられる惑星グリーゼ876e英語版, グリーゼ876b英語版及びグリーゼ876cは、公転周期がそれぞれ120日、60日、30日で4:2:1の軌道共鳴関係にある。

惑星グリーゼ876dはその質量の少なさ(推定で地球質量の5.9 - 7.5倍)から、主成分が岩石の巨大地球型惑星ではないかとみられている。しかし、主星から0.021天文単位(約300万キロメートル)の至近距離を1.93日で公転しているため、表面温度は数百度に達すると見積もられ、生命体が存在する可能性はないと見られている。

グリーゼ876の惑星[2]
名称
(恒星に近い順)
質量 軌道長半径
天文単位
公転周期
()
軌道離心率 半径
d 6.83 ± 0.40 M 0.02080665 ± 0.00000015 1.937780 ± 0.000020 0.207 ± 0.055
c 0.7142 ± 0.0039 MJ 0.129590 ± 0.000024 30.0081 ± 0.0082 0.25591 ± 0.00093
b英語版 2.2756 ± 0.0045 MJ 0.208317 ± 0.000020 61.1166 ± 0.0086 0.0324 ± 0.0013
e英語版 14.6 ± 1.7 M 0.3343 ± 0.0013 124.26 ± 0.70 0.055 ± 0.012

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e f g h Correia, A. C. M. et al. (2010). “The HARPS search for southern extra-solar planets XIX. Characterization and dynamics of the GJ 876 planetary system”. Astronomy and Astrophysics 511. doi:10.1051/0004-6361/200912700. http://ads.nao.ac.jp/abs/2010arXiv1001.4774C. 
  2. ^ Rivera, Eugenio J. et al. (July 2010). “The Lick-Carnegie Exoplanet Survey: A Uranus-mass Fourth Planet for GJ 876 in an Extrasolar Laplace Configuration”. The Astrophysical Journal 719 (1): 890–899. arXiv:1006.4244. Bibcode 2010ApJ...719..890R. doi:10.1088/0004-637X/719/1/890. 
  • Bean, Jacob L.; Andreas Seifahrt (2009年). “The architecture of the GJ876 planetary system. Masses and orbital coplanarity for planets b and c”. arXiv:0901.3144 [astro-ph]. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]