グリーゼ849

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グリーゼ849
データ
元期 J2000
星座 みずがめ座
赤経 22h 9m 40.3460s
赤緯 -4° 38′ 26.624″
視等級 (V) 10.42
特徴
スペクトル分類 M3.5V
色指数 (B-V) 1.51
色指数 (U-B) 1.13
アストロメトリー
視線速度 (Rv) -12 ± 5 km/s
固有運動 (μ) 赤経: 1134.93
± 2.75 ミリ秒/
赤緯: -19.71
± 1.3 ミリ秒/年
年周視差 (π) 113.97 ± 2.10 ミリ秒
距離 28.618 ± 0.7 光年
(8.774 ± 0.2 パーセク
絶対等級 (MV) 10.70
詳細
質量 0.36 M
半径 0.52 ± 0.07 R
光度 0.0045 L
表面温度 2,000 - 3,500 K
他の名称
BD-05°5715, LHS 517, LFT 1689, LPM 814, LTT 8889, Wolf 1329, Vys 73, HIP 109388, G 27-16, VVO 234, MCC 73, Ci 20 1340, HIC 109388, NLTT 53078, Zkh 328, 2E 2206.9-0454, PLX 5358, 2E 4574, JP11 258, PM 22070-0453, GCRV 13921, TYC 5227-1521-1, USNO-B1.0 0853-00595068, LCC 2060
Template (ノート 解説) 天体PJ

グリーゼ849は、みずがめ座の方角に約29光年の位置にある赤色矮星である。

惑星系[編集]

2006年8月、2.35天文単位の軌道を1,890日(約5年)という長い軌道周期で公転する木星に似た太陽系外惑星が発見された。視線速度法によって赤色矮星に長周期の惑星が発見されたのは初めてのことである。また、発見された惑星に由来する視線速度の変動以外に、より長期的な変化も観測されており、第三の天体の存在が疑われている[1]

天文学者ウラジミール・リラは、Capysと呼ぶことを提案している[2]

グリーゼ849の惑星
名称
(恒星に近い順)
質量 軌道長半径
天文単位
公転周期
()
軌道離心率 半径
b >0.82 MJ 2.35 0.06 ± 0.09

出典[編集]

外部リンク[編集]

  • Gj 849”. The Extrasolar Planets Encyclopedia. 2009年11月19日閲覧。
  • BD-05 5715 / Gl 849”. Solstation. 2009年11月19日閲覧。
  • Image: Gliese 849”. Aladin Previewer. 2009年11月19日閲覧。