グリーゼ674b

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グリーゼ674b
Gliese 674 b
太陽系外惑星 太陽系外惑星の一覧
GJ 674 b rv.pdf
グリーゼ674bの軌道で生じるグリーゼ674の視線速度
主星
恒星 グリーゼ674
星座 さいだん座
赤経 (α) 17h 28m 39.9463s
赤緯 (δ) –46° 53′ 42.685″
視等級 (mV) 9.38
距離 14.8 ± 0.1 ly
(4.54 ± 0.03 pc)
スペクトル分類 M3V
軌道要素
軌道長半径 (a) 0.039 AU
近点距離 (q) 0.031 AU
遠点距離 (Q) 0.047 AU
離心率 (e) 0.2 ± 0.02
周期 (P) 4.6938 ± 0.007 d
(0.012851 y)
近日点引数 (ω) 6 ± 200°
近日点通過時刻 (T0) 2453780.085 ± 0.078 JD
準振幅 (K) 8.70 ± 0.19 m/s
物理的性質
最小質量 (m sin i) 0.037 MJ
(11.8 M)
発見
発見日 2007年1月7日
発見者 Bonfils et al.
発見方法 HARPS
観測場所 ESO
現況 公表
参照データベース
Extrasolar Planets
Encyclopaedia
data
SIMBAD data

グリーゼ647b (Gl 674 b) は、さいだん座の方角にある太陽系外惑星で、太陽系からは約15光年離れている。グリーゼ674の近傍を公転している。海王星から天王星程度の大きさの、ガス惑星又は岩石惑星である。主星から0.039天文単位の軌道を、わずか4.6938日で公転している。軌道離心率水星ほどである。

発見[編集]

グリーゼ647bはヨーロッパ南天天文台が運営するチリラ・シヤ天文台高精度視線速度系外惑星探査装置 (HARPS) を使って発見され、2007年1月7日に公表された。この観測では、惑星の存在を示す4.7日周期のシグナルのほかに35日周期の変動も検出されたが、これは恒星表面の黒点が恒星の自転につられて移動することで引き起こされたものと考えられている[1]

参考文献[編集]