グリーゼ163

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グリーゼ163
データ
元期 J2000      Equinox J2000
星座 かじき座
赤経 04h 09m 15.663s
赤緯 −53° 22′ 25.31″
視等級 (V) 11.8
特徴
スペクトル分類 M3.5V
アストロメトリー
絶対等級 (MV) 10.9
他の名称
GJ 163, HIP 19394, LHS 188.
参照データベース
SIMBAD data

グリーゼ163英語: Gliese 163)は、太陽から約49光年(15.0パーセク)の距離に存在するM3.5V型赤色矮星である。かじき座に位置しており、天球上での座標は赤経04h 9m 16s、赤緯 -53°22'。見かけの明るさは11.8だが、地球から恒星までの距離を考慮した絶対等級では10.9等となる。[1] グリーゼ163という名称はグリーゼ近傍恒星カタログによるものであり、その他にHIP 19394, LHS 188という名称も持つ。

惑星系[編集]

赤色矮星を周回する3つの惑星(想像図)

2012年9月、高精度視線速度系外惑星探査装置 (HARPS) の観測により、グリーゼ163を周回する2つの惑星が発見されたことが発表された[2][3]。そのうちの一つグリーゼ163cは、公転周期26日のハビタブルゾーンに位置する可能性のある軌道を周回している。ただし温度は地球より暑いと考えられており、また当初はその質量も地球の6.9倍程度(スーパー・アース)とされていたが、後に地球の72倍(巨大ガス惑星)へと更新されている[4]。もう一つの惑星グリーゼ163bは、公転周期が1日未満の恒星のすぐ近くを周回する惑星であり、生命が存在するには暑すぎると考えられている。データ上は、cとbの外側に3番目の惑星の存在が示唆されているが、2012年現在未だ確認されていない状態にある[2][3]

Gliese 163の惑星[5][4]
名称
(恒星に近い順)
質量 軌道長半径
天文単位
公転周期
()
軌道離心率 半径
b 0.354 ± 0.0019 MJ 0.06067 ± 0.0001 0.63 ± 0.00116
c 0.226 ± 0.0028 MJ 0.12536 ± 0.0001 25.631 ± 0.0235

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ LHS 188 -- High proper-motion Star”. Centre de données astronomiques de Strasbourg (Strasbourg astronomical Data Center) (2012年9月20日). 2012年9月20日閲覧。
  2. ^ a b Méndez, Abel (2012年8月29日). “A Hot Potential Habitable Exoplanet around Gliese 163”. プエルトリコ大学アレシボ校英語版 (Planetary Habitability Laboratory). 2012年9月20日閲覧。
  3. ^ a b Redd, Nola Taylor (2012年9月20日). “Newfound Alien Planet a Top Contender to Host Life”. Space.com. 2012年9月20日閲覧。
  4. ^ a b Planet Gl 163 c”. 太陽系外惑星エンサイクロペディア. 2013年3月15日閲覧。
  5. ^ Planet Gl 163 b”. 太陽系外惑星エンサイクロペディア. 2013年3月15日閲覧。