グリース・トラップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

グリース・トラップ(Grease trap、グリスト、GT)とは、下水道に直接が流出する事を防ぐ装置である。業務用の厨房では、設置が義務付けられている。

語源に関して[編集]

その名のとおり、Grease(油)に対するTrap(罠)である。油をひっかけて、流出を防ぐ構造に由来する。

構造[編集]

基本的には、受けカゴ、水槽、トラップ管の3点による構造が一般的である。洗浄機などから排出された排水は、受けカゴを通って水槽に貯水される。食べ物カスや大きなゴミ等の固体は受けカゴで受け取られ、液体の排水のみが水槽に溜まる。トラップ管は水槽の底面に向かってL字型に曲がっており、水に浮く性質の油は水槽上部に集まり、水槽下部の排水のみが下水に排出される。仕切り板を数枚用いて、水槽を分割する機能を有するものもある。

目的[編集]

自然環境に配慮し、油を直接排出しないというのが最大の目的であるが、同時に悪臭の流出、昆虫や小動物の侵入、排水の逆流を防ぐ目的がある。

清掃[編集]

グリース・トラップはその構造上、定期的に清掃が必要である。受けカゴで捕らえきれなかったゴミが水槽に沈殿したり、油が水槽上部で凝固してしまうためである。清掃はスクーパと呼ばれる網を用いて、沈殿したゴミや油を掬い取る。グリース・トラップ向けの洗剤や油吸着も各社から販売されている。

関連項目[編集]