グリークサラダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グリークサラダ
アメリカンスタイルの「グリークサラダ」

グリークサラダ (英語: Greek salad, ギリシャ語: χωριάτικη σαλάτα [xorˈjatiki saˈlata](ホリアティキサラタ: 田舎風サラダ), θερινή σαλάτα [θeriˈni saˈlata](夏のサラダ)) はギリシア料理サラダである。

トマトキュウリピーマン赤たまねぎ、スライスおよびキューブ状のフェタチーズ、そしてカラマタオリーブオイルから作られ、通常塩コショウ、およびドライオレガノで味付けされ、最後にオリーブ油でドレッシングされる。一般的なトッピングは、葉のピクルスドデカネス諸島産のケイパーの芽や実、レモン汁、およびぶつ切りにされたパセリである。

ギリシアとキプロスの他のサラダ[編集]

ギリシア料理には他の多くのサラダがある。それにはレタスタマネギディル、キャベツサラダ(コールスローLahanosalata)を、オリーブオイル、レモン汁、およびニンニクでドレッシングした marouli サラダがある。テーブルビートのサラダ (Pantzarosalata) はオリーブオイルと赤ワインビネガーでドレッシングされる。ロケット (Roka) サラダはルッコラをオリーブオイルと赤ワインビネガーまたはレモン汁でドレッシングし、アンチョビを入れてもよい。ポテトサラダ (Patatosalata) はオリーブオイル、細かく切ったたまねぎ、レモン汁または酢を入れる。またヒヨコマメのサラダ (Revithosalata)や、通常、香辛料として使用されるパセリのサラダ (Maintanouri) がある。

キプロス島にあるキプロスサラダは、みじん切りのトマト、キュウリ、タマネギ、ピーマン、およびイタリアンパセリから作られ、ギリシアのグリークサラダと非常に類似している。

また、ギリシア料理のメゼで見られる、メリジャノサラタタラモサラタザジキなどのようないくつかのスプレッドとディップは、ギリシア語では「サラダ」類の一部と見なされる。