グリムの法則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

グリムの法則(グリムのほうそく、ドイツ語: Grimmsche Gesetz英語: Grimm's Law)もしくは第一次子音推移ドイツ語: Erste Lautverschiebung)は、1822年ドイツの文献学者ヤーコプ・グリム(童話で有名な「グリム兄弟」の長兄)が、Deutsche Grammatik (1822) の中で体系化したゲルマン語における子音推移(印欧祖語からゲルマン祖語への分化の過程で起きた音韻変化)の法則である。以前より公用者の間で何となく指摘されており、最初に印欧語(ゲルマン語、ラテン語ギリシャ語)との系統的な比較を発表したのはラスムス・ラスクであるが、グリムの発表で定着した。印欧語の本格的な比較言語学はこれに始まる。

有声破裂音+帯気音から有声破裂音への変化[編集]

これらは印欧祖語ではそれぞれ有声帯気音 *bh, *dh, *gh であったと現在では考えられている。このグループの推移はラテン語においては不規則性が大きいので、直接並べていない。

bh → b
  • Bruder [独], brother [英](ラテン語ではfrater)
  • Boden [独], bottom [英](ラテン語ではfundus)
dh → d
  • Tür [独], door [英](ラテン語ではthyra)
  • Tochter [独], daughter [英](ラテン語ではthygater)
gh → g
  • Gast [独], guest [英](ラテン語ではhostis)

有声破裂音から無声破裂音への変化[編集]

b → p

このグループは大変まれである。

  • labium [羅] と Lippe [独], lip [英]
d → z/ts/ - t
  • duo [羅] と zwei [独], two [英]
  • dent- [羅] と Zahn [独], tooth [英]
  • decem [羅] と zehn [独], ten [英]
g → k (c)
  • genu [羅] と knee [英]
  • genus [羅] と kin [英]

無声破裂音から無声摩擦音(帯気音)への変化[編集]

p → f
  • pater [羅] と Vater [独], father [英]
  • ped- [羅] と Fuß [独], foot [英]
t → θ
  • tres [羅] と drei [独], three [英](ドイツ語のdが不規則なのは、ドイツ語独自の推移)
k → x → h
  • kardia [希] と Herz [独], heart [英]
  • keras [希] と Horn [独], horn [英]
  • kyon [希] と Hund [独], hound [英]
  • centum [羅] と hund(-ert) [独], hund(-red) [英]
  • casa [羅] と house [英](未詳だが原理として該当する)

関連項目[編集]