グリニッジ病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯51度28分56秒 西経0度00分24秒 / 北緯51.48222度 西経0.00667度 / 51.48222; -0.00667 グリニッジ病院(英Greenwich Hospital)は、1692年から1869年まで運営されていた、イギリス海軍の傷痍軍人に永住の場を提供し、また彼らの健康管理を行った施設である。この病院の建物は後に、旧海軍兵学校英語版として知られている王立グリニッジ海軍兵学校英語版となった。

この病院の運営団体は2013年現在[1]も存在しており、かつての海軍軍人とその扶養家族のために、他の土地にシェルタード・ハウジング英語版(高齢者や傷痍軍人向けの住宅)を提供している。

歴史[編集]

メアリー2世

グリニッジ病院は「グリニッジにおける海員のための王立病院」として、メアリー2世の命令のもとに創設された。メアリーは1692年のバルフルール岬とラ・オーグの海戦で、復員してきた負傷兵の姿に心動かされたのである。彼女は住居であるプラセンティア宮殿英語版のキング・チャールズ・ウィング-元々はチャールズ2世のために、1664年に建築家のジョン・ウェッブ英語版が作ったものだった-を改装して海軍病院とし、軍人病院であったチェルシー王立病院英語版に対抗しうる存在の病院を作った。サー・クリストファー・レンとアシスタントのニコラス・ホークスムア英語版はこの、新しい王立病院の建築に無報酬で参加した。また、サー・ジョン・バンブルー英語版はレンの後を継いでこの仕事に携わり、レンが当初計画していた、複数の建物から成る病院の建設を完成させた[2]

キング・チャールズ・コートの天井画

病院の建設が始まって間もないころ、当初の計画ではクイーンズハウス英語版からの川沿いの眺めが、病院の建物によって遮られる恐れがあるという問題が浮上した。それでメアリーは建物を2分して、川から病院の建物を通って、自分の住居と、その向こうのグリニッジヒルとに通じる道路を作るように命じた。これにより、病院はいくつもの扇形に分かれた建物により、独特の外観を呈するようになった。主要な4棟の建物(ザ・コーツThe Courts)は、グランドスクエアと行進用の通路で南北に、東門と門番小屋から西門へ通じる通路によって分けられていた[注釈 1]。この西門は、グリニッジの町の中心部にあるグリニッジ市場そばに位置していた。南北に延びるグランドスクエアとパレード用の通路が整備されたおかげで、クイーンズハウスとその向こうにあるグリニッジパークへの通行、そしてクイーンズハウスからの川沿いの眺めは遮られずにすんだ[4]

主な建物のうち最初に建てられたのはキング・チャールズ・コートで、ここは王政復古[注釈 2]にまでさかのぼる、一番古い時代に建てられた部分である。1705年に完成した。初代総裁のウィリアム・ギフォード英語版が就任したのは1708年だった[5]。クイーン・メアリー・コートを含む他の主要な部分はレンとホークスモアが計画したが、レンの死後はトマス・リプリー英語版が担当した。クイーン・アン・コートはレンとホークスムアが担当し、キング・ウイリアム・コートはレンが設計したが、建築に携わったのはホークスムアとヴァンブルーだった。これらはいずれも1742年に完成した[6]

礼拝堂。火災後にステュワートにより復元された。

クイーン・メアリー・コートには礼拝堂がある(レンが設計したが、完成したのは1742年である)。2013年現在[1]の外観となったのは1779年から1789年のことで、壊滅的な火災の後にジェームズ・ステュワート英語版の設計により再建された。キング・ウィリアム・コートは、バロック美術の天井画及び壁画で有名である。これらの画はサー・ジェームズ・ソーンヒル英語版の手になるもので、ウィリアム3世とメアリー2世はロワー・ホールの天井に、アン女王と夫君のカンバーランド公はアッパーホールの天井に、そしてジョージ1世はアッパーホールの北壁に、それぞれの君主に敬意を表して描かれた。この天井画のあるホールは、恩給を受けている元海員たちの食堂としては壮麗すぎるため、そういった目的ではそう頻繁に使われず、一般公開されて、旅行者が足を運ぶ場所となった。1806年1月5日ホレーショ・ネルソンの遺体が、国葬のため、テムズ川を渡ってセントポール大聖堂に運ばれる前、グリニッジ病院の壁画のあるホールに安置されている。1824年には、'National Gallery of Naval Art'(国立海事美術館)がこのホールに創設され、この美術館は1936年まで続いた。その後収集品は、クイーンズハウス英語版に新しく作られたイギリス国立海事美術館英語版と、その隣接した建物に移された[7]

キング・チャールズ・コートの、川に面した北東の角にはオベリスクがある。これはフィリップ・ハードウィック英語版によって設計されたもので、北極探検をしたジョゼフ・レネ・ベロ英語版を記念したものである。北部カナダで北西航路を開拓しようと探検に出て、不成功に終わったジョン・フランクリンの遠征隊の救出に出発したのがベロであったが、このベロの試みも成功せず、探検の途中で亡くなった[8]

グリニッジ病院の建物には診療所もあった。ドレッドノート海員病院で、この名前は1870年にグリニッジ沖に停泊されていた病院船の名前から取られた。この診療所は熱帯性疾患英語版のためのものであったが、その機能は1919年に、ロンドン中心部のユーストン広場の近くにある、海員病院協会英語版に移転し、熱帯性疾患病院英語版となった。ドレッドノート海員病院は1986年に閉鎖された。海員とその家族への福祉活動は、その後ランベスセント・トーマス病院英語版が請け負っている[9]

グリニッジ病院は1869年に閉鎖された。ここに埋葬されていた、何千もの、トラファルガーの海戦で戦った者をはじめとする何千もの士官や乗員の遺体は、1875年に病院の跡地から「イースト・グリニッジ・プレザンス」(またはプレザンス・パーク)に改葬された。この名前は、病院のあった地がかつてプラセンティア宮殿だったことにちなんでいる[10]

歴代院長[編集]

病院の歴代院長[5]

慈善団体[編集]

ロイヤル・ホスピタル・スクール(2009年)

グリニッジ病院の慈善基金は、病院が閉鎖された2013年現在[1]でも存続しているが、かつて病院があった地にはもはや存在していない。慈善団体の本部はロンドン市内にある。現在は、海員とその家族へ給付金を提供する王立の慈善団体となっており、国防評議会議長である国防大臣と共に活動を続けている。活動内容は、かつての海軍在籍者へのシェルタード・ハウジングと、この団体によって建てられたロイヤル・ホスピタル・スクール英語版への資金の給付である。この学校はサフォーク州のホルブルックにある[1]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 翻訳元の英語版にはこのように書かれているが、東西に延びる道が東西を分けることはないため、恐らくテムズ河畔のウォーターゲートからの道の誤りではないかと思われる[3]
  2. ^ 英語版にはthe restorationと小文字になっているが、恐らくthe Restorationで王政復古のことと思われる。

出典[編集]

  1. ^ a b c d Greenwich Hospital – Welcome
  2. ^ J. Bold, P. Guillery, D. Kendall, Greenwich: an architectural history of the Royal Hospital for Seamen and the Queen's House (Yale University Press) 2001.
  3. ^ Early Music Festival Plan of ORNC
  4. ^ Happy birthday Sir Christopher Wren”. The Telegraph. 2013年10月9日閲覧。
  5. ^ a b Royal Naval Hospital Old Burial Ground (nurses home), Greenwich, London, England”. 2013年10月9日閲覧。
  6. ^ Conference Facilities at Maritime Greenwich”. 2013年10月9日閲覧。
  7. ^ The National Gallery of Naval Art”. National Maritime Museum. 2013年10月9日閲覧。
  8. ^ Memorial to Joseph René Bellot”. Victorian Web. 2013年10月9日閲覧。
  9. ^ History of the Seamen’s Hospital Society”. Seamen’s Hospital Society. 2013年10月9日閲覧。
  10. ^ Park Explorer- East Greenwich Pleasaunce,– East Greenwich Pleasaunce

外部リンク[編集]