グリセロール-3-リン酸デヒドロゲナーゼ (NAD+)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「グリセロール-3-リン酸デヒドロゲナーゼ (NAD+)」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
グリセロール-3-リン酸デヒドロゲナーゼ (NAD+)
識別子
EC番号 1.1.1.8
CAS登録番号 9075-65-4
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

グリセロール-3-リン酸デヒドロゲナーゼ (NAD+)(glycerol-3-phosphate dehydrogenase (NAD+))は、以下の化学反応触媒する酵素である。

sn-グリセロール-3リン酸 + NAD+ \rightleftharpoons ジヒドロキシアセトンリン酸 + NADH + H+

この通り、この酵素の基質sn-グリセロール-3リン酸NAD+で、生成物は、ジヒドロキシアセトンリン酸とNADHとH+である。

参考文献[編集]

  • Boyer, P.D., Lardy, H. and Myrback, K. (Eds.), The Enzymes, 2nd ed., vol. 7, Academic Press, New York, 1963, p. 85-96.
  • Brosemer RW, Kuhn RW (1969). “Comparative structural properties of honeybee and rabbit alpha-glycerophosphate dehydrogenases”. Biochemistry. 8: 2095–105. doi:10.1021/bi00833a047. PMID 4307630. 
  • O'Brien SJ, MacIntyre RJ (1972). “The -glycerophosphate cycle in Drosophila melanogaster. I Biochemical and developmental aspects”. Biochem. Genet. 7: 141–61. doi:10.1007/BF00486085. PMID 4340553. 
  • Warkentin DL, Fondy TP (1973). “Isolation and characterization of cytoplasmic L-glycerol-3-phosphate dehydrogenase from rabbit-renal-adipose tissue and its comparison with the skeletal-muscle enzyme”. Eur. J. Biochem. 36: 97–109. doi:10.1111/j.1432-1033.1973.tb02889.x. PMID 4200180. 
  • Albertyn J, van Tonder A, Prior BA (1992). “Purification and characterization of glycerol-3-phosphate dehydrogenase of Saccharomyces cerevisiae”. FEBS. Lett. 308: 130–2. doi:10.1016/0014-5793(92)81259-O. PMID 1499720. 
  • Koekemoer TC, Litthauer D, Oelofsen W (1995). “Isolation and characterization of adipose tissue glycerol-3-phosphate dehydrogenase”. Int. J. Biochem. Cell. Biol. 27: 625–32. doi:10.1016/1357-2725(95)00012-E. PMID 7671141.