グラーツ・リーベナウ・シュターディオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
UPCアレーナ
UPC-Arena.jpg
施設情報
所在地

Stadionplatz 1

A-8041 Graz-Liebenau, Austria
開場 1997年7月9日
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 105x68 m
使用チーム、大会
SKシュトゥルム・グラーツ
収容能力
15.400人

グラーツ・リーベナウ・シュターディオン(Graz Liebenau Stadion)は、オーストリアシュタイアーマルク州の州都グラーツにあるスタジアム。

概要[編集]

オーストリア・ブンデスリーガに属するSKシュトゥルム・グラーツ(SK Sturm Graz)の本拠地である。また2006-2007年のシーズンで破産し、オーストリアサッカー協会よりオーストリア・ブンデスリーガのライセンスを取得できず、2007-2008年のシーズンよりオーストリア3部に降格されたグラーツァーAK(Grazer AK)も当スタジアムをホームスタジアムとして利用していた。

この地には元々1951年に完成した多目的スタジアム、旧「グラーツ・リーベナウ・シュターディオン」(Graz Liebenau Stadion)があったが、スタジアムの老朽化のため1994年に同じ地に新スタジアムを建設することが決定。1997年に完成したサッカー専用スタジアムはシュタイヤーマルク州出身で当時カリフォルニア州知事だったアーノルド・シュワルツェネッガーを称えて「アーノルド・シュワルツェネッガー・シュターディオン」(Arnold Schwarzenegger Stadion)と名づけられた。こけら落としとして行われた試合は、1997年7月9日に行われたイヴィチャ・オシム監督率いるSKシュトゥルム・グラーツ対グラーツァーAKのグラーツ・ダービー(SKシュトゥルム・グラーツが4‐0で勝利)。

しかし1950年に死刑制度を廃止しているオーストリアでは、2005年12月13日スタンリー・ウィリアムズ死刑囚の恩赦請求を拒否したシュワルツェネッガー州知事の死刑執行命令に批判が高まっていた。これに伴い、「アーノルド・シュワルツェネッガー・シュターディオン」から彼の名前が撤去することが検討され、各党の権力争いでなかなか結論が出ない中、シュワルツェネッガー自らが名前をスタジアム名に使用することを禁止、それによって2005年12月26日に「グラーツ・リーベナウ・シュターディオン」に改名された。

その直後、UPC社が2016年までのネーミングライツを獲得したため、現在では「UPCアレーナ」(UPC-Arena)と言われている。

外部リンク[編集]