グランツーリスモ3 A-spec

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グランツーリスモシリーズ > グランツーリスモ3 A-spec
グランツーリスモ3 A-spec
ジャンル ドライビングシミュレーター
対応機種 PlayStation 2
開発元 ポリフォニー・デジタル
発売元 ソニー・コンピュータエンタテインメント
人数 1~2人
メディア DVD-ROM
発売日 日本の旗2001年4月28日
アメリカ合衆国の旗2001年7月10日
欧州連合の旗2001年7月20日
デバイス DUAL SHOCK、DUAL SHOCK 2、GT Force
売上本数 日本の旗100万本以上[1]
世界1489万本[2]
テンプレートを表示

グランツーリスモ3 A-spec』(Gran Turismo 3: A-Spec、GT3)は、ソニー・コンピュータエンタテインメントから発売されたPlayStation 2 (PS2) 用のレースゲームグランツーリスモシリーズのひとつ。

概要[編集]

PS2での初のグランツーリスモシリーズPlayStation向けの前作『グランツーリスモ2』からグラフィック(車やコースの再現性やビジュアルエフェクト等)、物理シミュレーションの精度が飛躍的に進化した。その他にもグランツーリスモ2から大きく進化した部分が多数ある。約150の収録車種、ナイトステージやウェット路面、ダートを含む全20のコースを収録。今作からF1マシン(塗装やマシン名は架空)が初収録されている。

当初はPS2と同時発売を目指し『グランツーリスモ2000』のタイトルで開発を進めていた。PS2発売の約2週間前である2000年2月に行われたイベントPLAYSTATION FESTIVAL 2000では『グランツーリスモ2000』が出展され、体験版ディスクも配布された[3]。その後いったん『グランツーリスモ2000 A-Spec』の仮称[4]になった後、発売が2001年にずれ込んだこともあり『グランツーリスモ3 A-Spec』と改称された。

タイトルが「A-spec」となっているのは、次作のグランツーリスモ4に収録されている B-specモードを収録した別バージョンを発売する予定であったためである[5]。しかし、「グランツーリスモ3 B-spec」というソフトが発売されることはなかった。

2001年6月28日、PS2本体と同梱した「PlayStation 2 GT3 Racing Pack」(SCPH-35000GT)が日本で発売された[6]

2001年12月13日、PS2のヒット作を廉価版にした「MEGA HITS!」シリーズ第1弾の一つとして低価格化・再発売された[7]

新たな試み並びに前作からの変更点[編集]

クルマの購入[編集]

グランツーリスモ2まであった中古車販売はなくなり(但し売却は可能)[8]、購入する車種は全て新車となる。そのため初期資金がグランツーリスモ・グランツーリスモ2よりも増額されている。

パーツ[編集]

前作まであったレーシングモディファイは今作から登場せず[9]、代わりにスカイラインGT-Rなど、市販状態でダウンフォースの調節が出来る車が存在する。また、前作グランツーリスモ2ではTCSYCS(ヨーコントロールシステム)といったアシスト系のパーツは有料だったが、今作から標準装備となった。

ライセンス[編集]

ライセンスもグランツーリスモ2では隠しライセンス扱いだったスーパーライセンスが正式ライセンスに昇格しなおかつラリーライセンスが追加された一方で、国際C級がなくなった。

オイル交換[編集]

本作で初めて登場した。オイル交換は実際のクルマ同様に性能に影響を及ぼし、オイルが劣化すれば実車同様にオイル警告灯が点灯する。交換料は有料となる。

プレゼントカー[編集]

前作までのシングルレースでは何回勝利してもプレゼントカーが獲得できたが、今作のシングルレースにおけるプレゼントカーの獲得は初勝利の1回限りとなる。

登場メーカー[編集]

日本[編集]

ドイツ[編集]

アメリカ[編集]

フランス[編集]

イタリア[編集]

イギリス[編集]

ベルギー[編集]

登場サーキット・コース[編集]

GT2に比べて数は減少した。太字は本作でシリーズ初登場したサーキット。

ダートコース[編集]

  • タヒチ・メイズ
  • タヒチ・サーキット
  • スモーキー・マウンテン[11]
  • スイスアルプス[12]

サウンド[編集]

収録曲[編集]

  • Moon Over The Castle - (日本版オープニング)
  • フィーダー「Just A Day」 - (欧州版オープニング、日本版にも収録)

その他[編集]

  • セーブデータ同士で車をトレードする機能があるが、チューニングをしても売買代金に反映されないため、メモリーカードが2枚あればチューニングの費用を浮かせることができる[13]
  • チャンピオンシップや耐久レースで優勝した時のプレゼントカーは最大4台の中から一見ランダムで選ばれるが、セーブデータのロード後オプションを選択すると、回数によって車種が変わり好みのプレゼントカーを入手できる裏技が存在する。
  • マツダ・787Bの吸気方式が実際(NA)とは異なり、ターボとなっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ SCEI、PS2「グランツーリスモ3 A-spec」生産出荷累計100万枚を突破インプレス GAME Watch、2001年5月1日。
  2. ^ 『グランツーリスモ5』世界セールス900万本突破 ― シリーズ全体では約6,800万本に”. インサイド (2012年11月6日). 2013年2月20日閲覧。
  3. ^ PLAYSTATION FESTIVAL 2000、2日で約45,000人が来場 プレイステーション2用体験版10枚を配布、インプレス PC Watch、2000年2月21日
  4. ^ 東京ゲームショウ2000秋 ハード編、PC Watch、2000年9月22日
  5. ^ 「GT4」の発売日は12月3日! チーム監督モード「Bスペック」導入、Game Watch、2004年9月24日
  6. ^ 「PlayStation®2 GT3 Racing Pack」『SCPH-35000 GT』を6月8日に発売(PDF)、SCEJプレスリリース 2001年5月17日
  7. ^ 「プレイステーション 2」の人気作品がお得な価格で楽しめる「MEGA HITS!」シリーズ新発売(PDF)、SCEJプレスリリース 2001年11月13日
  8. ^ 後にグランツーリスモ4より復活
  9. ^ 後にグランツーリスモ5より復活(一部車種のみ)
  10. ^ 第1作のグランツーリスモと異なり、一部のシケインがストレートへ変更されている。
  11. ^ 前作のスモーキーマウンテン北と同一のコース形状(ただしホームストレートがグラベルからターマックへ変更されている。)
  12. ^ 前作のスモーキー・マウンテン南と同一のコース形状。
  13. ^ メモリーカード1枚あたり1つのセーブデータしか保存できない。初期型PlayStation 3の仮想メモリーカード機能を使えばメモリーカードがなくても可能。

外部リンク[編集]