グラハム・ローランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

グラハム・ローランドGraham Roland)は、アメリカ合衆国の脚本家、プロデューサーである。

キャリア[編集]

2008年にフォックスのシリーズ『プリズン・ブレイク』の脚本を執筆し、キャリアが始まる。

ABCのシリーズ『LOST』には最終第6シーズンに参加する。シーズン通してストーリー・エディターを務めた他、計3話の脚本を執筆した。さらにシリーズのエピローグとなる「新しい責任者英語版」も執筆した。

2010年からはフォックスの『FRINGE/フリンジ』に参加する[1]。第3シーズンではエグゼクティブ・ストーリー・エディター、第4シーズンでは共同プロデューサー、第5シーズンではスーパーバイジング・プロデューサーを務め、シリーズ通算で13話分の脚本を執筆した。

脚本作品[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Graham Roland from Prison Break”. Film.com. 2010年12月4日閲覧。

外部リンク[編集]