グラスネヴィン・セメタリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

グラスネヴィン・セメタリー(Glasnevin Cemetery)はアイルランドの首都ダブリンにある墓地。イギリス支配下で差別を受け、埋葬の地を持てなかったカトリックの権利のためにダニエル・オコンネルが働きかけ1832年に実現した、宗派を問わない墓地である。

ダニエル・オコンネルの墓に立つ円塔
エイモン・デ・ヴァレラの墓
妻のシネイドと息子のブライアンと共に眠る
第一次世界大戦におけるアイルランド人戦死者の記念碑
義勇兵としてイギリス軍アイルランド人部隊で戦った兵士の名が刻まれている

グラスネヴィン・セメタリーには、近現代のアイルランドを代表する人々の墓が設けられてきた。19世紀に活躍したチャールズ・スチュワート・パーネルダニエル・オコンネル、その一世紀後にアイルランド独立を達成したマイケル・コリンズエイモン・デ・ヴァレラなど、アイルランド独立運動の活動家が多数埋葬されていることで知られている。

墓地では200年間のアイルランドにおける墓石の変遷をたどることができる。1860年代にはシンプルな立石のみであった墓石は、ケルト式十字架へと変化し、20世紀後半にはイタリア様の大理石を用いた墓石へと落ち着いている。

現在墓地には多くの観光客が訪れるようになった。歴史的人物の墓を詣でるだけが目的ではなく、成長を遂げたダブリンの中で独特な陰鬱さを帯びたグラスネヴィンを散策するのを楽しむ人が多い。[要出典]

外部リンク[編集]