グラジオラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グラジオラス属
グラジオラスの園芸品種G. "Priscilla"
グラジオラスの園芸品種G. "Priscilla"
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 単子葉類 monocots
: キジカクシ目 Asparagales
: アヤメ科 Iridaceae
: グラジオラス属 Gladiolus
学名
Gladiolus Tourn. ex L. (1753) [1][2]
タイプ種
Gladiolus communis L. [2]
英名
Gladiolus
  • 本文参照

グラジオラス (Gladiolus) は、アヤメ科グラジオラス属の植物の総称。日本には自生種はなく、園芸植物として植えられている。別名、トウショウブ(唐菖蒲)、オランダショウブ(阿蘭陀菖蒲)。名前は古代ローマの剣であるグラディウスに由来し、葉が剣に類似していることが根拠と言われる。日本では明治時代に輸入され、栽培が開始された。根は湿布薬の材料に使われる。

特徴[編集]

原産地は、アフリカ地中海沿岸など。赤、黄、橙、白などの花を開花する。(一説には花が咲く前の一連のつぼみ)がのようなのでGladius(ラテン語で「剣」)にちなんで名づけられた。

栽培[編集]

春に球根(球茎)を植え、夏の7 - 8月にかけて開花する春植え球根として流通しているものが一般的である。一部の原種には秋植え球根で、春に開花するものもある。

花言葉には勝利・密会・用心などがある。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Board of Trustees of the Royal Botanic Gardens, Kew. “Gladiolus Tourn. ex L., Sp. Pl.: 36 (1753).”. 2012年8月4日閲覧。
  2. ^ a b Missouri Botanical Garden. “Gladiolus L.”. Tropicos. 2012年8月4日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]