グナエウス・ドミティウス・アヘノバルブス (紀元前32年の執政官)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

グナエウス・ドミティウス・アヘノバルブスラテン語: Gnaeus Domitius Ahenobarbus, ? - 紀元前31年)は、共和政ローマ元老院議員。父はルキウス・ドミティウス・アヘノバルブス、子に父と同名のルキウス・ドミティウス・アヘノバルブス。 当初はガイウス・ユリウス・カエサルの独裁政治への態度に反発、対立するが、ファルサルスの戦いの後で恭順する。そして紀元前46年にローマへ帰還する。

カエサル暗殺後にはドミティウスはマルクス・ユニウス・ブルトゥスガイウス・カッシウス・ロンギヌスへと接近する。第二回三頭政治体勢に反発し、フィリッピの戦いで功績を挙げた。しかしマルクス・アントニウスビティニア総督としたガイウス・アッシニウス・ポッリオの仲介のもとでアントニウスと和睦した。

紀元前32年にはコンスルとなり、アントニウスのパルティア遠征に従軍。オクタウィアヌスとアントニウスが対立すると、最初アントニウス側につくが、アントニウスがプトレマイオス朝クレオパトラ7世と親しくなると離反、アクティウムの海戦直前にオクタウィアヌスの側につく。そして海戦が終わって直後に没した。