グスタボ・ムヌア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グスタボ・ムヌア Football pictogram.svg
Gustavo Adolfo Munúa.jpg
名前
ラテン文字 Gustavo Adolfo Munúa Vera
基本情報
国籍 ウルグアイの旗 ウルグアイ
生年月日 1978年1月27日(36歳)
出身地 モンテビデオ
身長 189cm
体重 87kg
選手情報
在籍チーム ウルグアイの旗 ナシオナル・モンテビデオ
ポジション GK
利き足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1997-2003 ウルグアイの旗 ナシオナル 102 (3)
2003-2009 スペインの旗 デポルティボ 27 (0)
2009-2010 スペインの旗 マラガ 38 (0)
2010-2013 スペインの旗 レバンテ 86 (0)
2013-2014 イタリアの旗 フィオレンティーナ 0 (0)
2014- ウルグアイの旗 ナシオナル
代表歴2
1998-2009 ウルグアイの旗 ウルグアイ 25 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年6月19日現在。
2. 2009年4月19日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

グスタボ・ムヌアGustavo Adolfo Munúa Vera,1978年1月27日)は、ウルグアイモンテビデオ出身のサッカー選手ナシオナル・モンテビデオ所属。ウルグアイ代表である。ポジションはGK

経歴[編集]

クラブ[編集]

2003年に6年契約でスペインデポルティーボ・ラ・コルーニャに移籍したが、クラブには元スペイン代表フランシスコ・モリーナという絶対的な守護神がおり、さらに控えにも元カメルーン代表ジャック・ソンゴォがいたためポジション争いどころかベンチ入りすらままなかった。2004年にソンゴォが引退、さらに2006年にはモリーナがレバンテUDに移籍しようやくポジション確保かと思われたが、ラシン・サンタンデールから移籍してきたドゥドゥ・アワットが正GKとなった。その後はアワットからポジションを奪取したが、2008年1月11日にそれが気に食わなかったのかアワットがムヌアに対して侮辱的な発言をしたため、ムヌアがアワットに殴りかかってしまう。結果的に双方ともクラブから出場停止処分を言い渡され、アワットは年末にRCDマヨルカに移籍した。2008-09シーズンアスレティック・ビルバオからダニエル・アランスビアが移籍してきたため、ムヌアは再び控えに回った(皮肉にも移籍したアワットはレギュラーとして活躍)。

2009年6月28日、デポルティーボとの契約が満了したため1年契約でマラガCFへ移籍した。2009-10シーズン開幕戦のアトレティコ・マドリード戦でデビューし、3-0で快勝した[1]。この年は初めてレギュラーとしてプレーし、リーグ戦全38試合に出場した。

2010年8月6日レバンテUDに移籍。UEFAヨーロッパリーグ出場権獲得などに貢献した。

2013年6月18日、契約満了により10年間プレーしたリーガを離れイタリアACFフィオレンティーナに移籍[2]

代表[編集]

1997年、FIFAワールドユース選手権で準優勝した。1998年5月24日、20歳のときにウルグアイ代表デビューした。チリとの親善試合だった。2001年にコパ・アメリカ、2002年に日韓W杯に出場した。

所属クラブ[編集]

タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ AFP BB News (2009年8月31日). “マラガ 開幕戦でアトレティコ・マドリードに勝利”. 2009年9月12日閲覧。
  2. ^ Goal (2013年6月19日). “フィオレンティーナがレバンテGKを獲得”. 2013年6月19日閲覧。