グスタフ・ヴィーデマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

グスタフ・ヴィーデマン(ウィーデマンと称されることも多い。Gustav Heinrich Wiedemann1826年10月2日 - 1899年3月24日)はドイツ物理学者である。電磁気学の分野の物理学者で、磁性体の機械的なねじりひずみと磁界に関するウィーデマン効果(ヴィーデマン効果)に名を残している。

ベルリンに生まれてベルリン大学で学ぶ。有機化学を学ぶが、物理的なテーマにその知識を生かしていくことになった。ハインリッヒ・マグヌスのもとで、ヘルムホルツと知り合い、彼らとベルリン物理学会を創設した。

1854年にバーゼル大学の教授になった。カールスルーエ工科大学などを経て、1871年にライプツィヒ大学の教授になった。主な業績は電磁気に関する優れた著書をあらわしたことである。ウィーデマン効果は、磁歪効果のひとつで、磁気センサーなどに応用されている。

関連項目[編集]