グスタフ・ビショフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グスタフ・ビショフ
人物情報
生誕 1792年1月18日
死没 1870年11月30日(満78歳没)
出身校 エアランゲン大学
学問
研究分野 化学
研究機関 ボン大学
主な受賞歴 ウォラストン・メダル(1863年)
テンプレートを表示

カール・グスタフ・ビショフ(Karl Gustav Bischof, 1792年1月18日 - 1870年11月30日)はドイツ地質学者化学者である。

バイエルン王国のヴェールト(Wöhrd, 現在はニュルンベルクの一部)に生まれた。1810年からエアランゲン数学天文学、次いで化学物理学を学び、ここで教授資格を得た。1819年にボン大学に移り、化学の教授となった。

代表的な著書には『化学的、物理学的地質学教本』(Lehrbuch der chemischen und physikalischen Geologie, 1847 - 1854) があり、岩石の生成の間の化学的、物理学的作用を研究した。1837年ころには可燃性ガスの研究と安全なランプの研究を行った。1839年には木質ガスの発生機を作成した。

1863年にロンドン地質学会からウォラストン・メダルを受賞した。ボンにて没。

関連項目[編集]