グスタフ・ツォイナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Gustav Zeuner

グスタフ・ツォイナー(Gustav Anton Zeuner、1828年11月30日 - 1907年10月17日)はドイツの物理学者、工学者である。熱力学を用いて、機関車の理論を作った。

ザクセン州ケムニッツに生まれた。ケムニッツの王立職業学校(Chemnitz Konigliche Gewerbeschule、現在のケムニッツ工科大学)で工学を学んだ。1848年からフライベルク鉱山学校で、鉱物学者Albin Julius Weisbachのもとで鉱物学と金属学を学んだ。

ドイツ各地で広がった1848年革命がドレスデンに波及した時に革命に参加し、多くの仲間が死刑になり、刑務所に送られたのに対して、ツォイナーは釈放された。卒業し、1853年にライプツィヒ大学で博士号をとることはできたが、ザクソンで教職につくことは禁止された。

1853年に力学の工学雑誌"Der Civilenginieur. Zeitschrift fur das Ingenieurwesen"の編集者となりチューリッヒに移住した後の1857年まで編集者を続けた。1855年にチューリッヒ工科大学の教授となり、有名な工学者フランツ・リューロー(Franz Reuleaux)と働いた。Richard Wagnerらのドレスデンの革命家たちもチューリッヒに亡命していた。

ツォイナーはチューリッヒで1858年に蒸気機関車の模型をつくったが、理論に興味を移し、設計の改善を行うことはなかった。1869年に人口を表すのに、ツォイナー図と呼ばれる3次元グラフを作った。これはヴィルヘルム・レキシスが改良を加え、レキシス図とよばれる事となった。

1865年にチューリッヒ工科大学の学長となった。1862年に革命の参加者に恩赦が与えられ、1871年にドイツに戻り、1875年にフライベルク鉱山学校の力学の教授となり、鉱山機械の研究をおこなった。フライベルク鉱山学校の学長を務めるかたわら、ドレスデン王立工科大学(現在のドレスデン工科大学)の学長を務めた。

1897年に創立されたドイツ技術者協会のドレスデン支部を後援し、ドイツ技術者協会は1993年にドイツでの工学分野の学生の最もすぐれた研究に対して贈る、グスタフ・ツォイナー賞を設けた。

Albin Weisbachによって鉱物、Zeuneriteの名前が命名された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]